【エコノミークラス症候群】発症!対策法と予防は?

出典:
www.pakutaso.com

 

【エコノミークラス症候群】

飛行機などで長時間、座りっぱなしの時に発症することがあ

る。

今、熊本地震で多くの方々が車中泊を余儀なくされ

【エコノミークラス症候群】が大変心配になってきています。

肺の細い血管が詰まって、呼吸困難、ショックをひき起こす。

 

 

 

スポンサードリンク

 

【エコノミークラス症候群】発症の原因は!

長時間同じ態勢で座りっぱなしにより、下肢が圧迫され続けると

うっ血を起こし血栓が生じてくる。

 

血栓が生じ、立ち上がった時に血液の流れにのって移動し

肺の細い血管が詰まり呼吸困難、動悸をひきおこす。

 

非難生活で車中泊を余儀なくされ、身体を動かすことがなく

【エコノミークラス症候群】を発症し、心配していた死者も出ています。

 

【エコノミークラス症候群】の対策法は!

血栓ができやすい人は、メタボリック症候群、生活習慣病(肥満、糖尿病

下肢静脈瘤)などの病気を持っている方には、最も注意が必要になります。

 

40歳以上の女性、背が低い人、煙草を吸う人も注意してください。

 

車の中での寝泊まりは、大変狭く手足を延ばして寝ることが出来ない

足を下に垂らして寝ることになりますので、発症リスクが高くなります。

 

避難所では、特に女性の方がトイレの数も少なく、少しでも回数を減らすことで

水分を取ることを我慢する人がいるそうですが、我慢はしないでエコノミークラス症候群に

万全の対策を望みます。

 

 【エコノミークラス症候群】の予防法は!

足のマッサージ・・・足の先をもんだり、寝るときには足を温める事でも効果があるそうです。

適切な運動で下肢の環境を整えましょう。

 

数時間おきに身体を動かし対策していきます。

震災によって車内で、寝ることを余儀なくされている方も

朝まで寝ることなく、夜間にトイレにいって身体を動かして対策してみてください。

 

 

水分摂取・・・血液粘度の上昇を惹起する脱水を防ぐ。

水分の摂取は必ず行ってください。ビールは利尿作用があるので脱水が助長される。

 

  • 手先を動かす指先、手のひら、手首を動かし血行をよくしていきましょう。

手のひらを上にして開き、軽く握りこぶしをして上にむけます。

にぎりこぶしをゆっくり、2回程度まわしていきます。

手を開き、反対の手で全体の手のひらをマッサージしていきます。

 

  • 足の指、足先、足首などを動かす

足の指先をぐっと下に丸める。

足の指先に力を入れて広げていく。

SponsoredLink

足の親指だけ立て、残りの4本の指は足の裏につけるようにする。

 

  • 足の裏を手で、指圧してマッサージします。

足の裏を指先で上から下に下げながら、両方の足をもむ。

ふくらはぎを下から上にもみあげていく。

 

非難生活をされている方の「着圧ソックス」購入は難しいかもしれません?

震災にそなえて、防災グッズを用意している方にはおススメです。

 

「着圧ソックス」は、むくみの防止だけではなく

エコノミークラス症候群を予防してくれます。

 

「着圧ソックス」には、ストッキング、タイツもありますが座った時にお腹の部分が

締め付けられますが、ソックスはお腹の部分の締め付けがなく楽につけることが

出来ます。

 

仮眠のとき着用しても楽で便利です。

 

 

熊本地震で多くの方が、車中泊されているニュースを見るたびに

辛い気持ちになって、心配で調べてみました。

少しでも参考になれば幸いです。

 

こちらもあわせて読みたい

 

こちらもよく読まれています