秋に球根【クロッカス】秋植え球根!育て方は?を植え付けておくと、冬を乗り越え

春の訪れと共に「クロッカス」は、花を咲かせます。

ヒアシンス同様、水栽培でも育てることができ

耐寒性も強く、初心者向けの可愛い花になります。

 

スポンサードリンク

 

【クロッカス】秋植え球根!

秋に球根を植え付けておくと、春2月~4月頃に

紫、白、黄色など小さな花を咲かすことができます。

耐寒性に優れ、とっても育てやすい球根植物になります。

 

球根の植え付け時期は、10月~11月で

花壇に植え付ける場合は15cm間隔で、深さは約5cm位で植えていきます。

 

水はけと、日当たりの良い土壌に植え付けしておくと

植えっぱなしでも良く育つ丈夫な花になっています。

 

水やりは土の表面が乾いたらタップリ与えていきますが

与えすぎると根腐れの原因になります。

 

夏には地上部は枯れ休眠します。

 

こちらから動画をご覧ください

 

花壇の淵に球根を植え付けしました。

春の訪れと共に咲く「クロッカス」の花を楽しみたいです。

【クロッカス】秋植え球根!育て方は?

 

「クロッカス」は、春咲きと秋咲きがあるそうです。

春に咲く「クロッカス」は秋に球根を植え付け

芽が出た苗は1月~2月頃に園芸店で見ることができるそうです。

秋咲きの「クロッカス」は夏植えの球根として夏に出回っているようです。

 

「クロッカス」球根下記より購入できます。↓

 

 

こちらもあわせて読みたい

 

SponsoredLink

こちらもよく読まれています