【久留米けいとう】スクリーンショット 2022-04-09 200429

夏から秋にかけて花を咲かせる暑さに強い花になります。

「けいとう」の花は熱帯地方原産の植物で

花が鶏のとさかに似ていることから、鶏頭(ケイトウ)と

名前が付けられたそうです。

種類も豊富で育てやすく、手間がいらない初心者向けの花になります。

始めて「けいとう」の種を植え付けていきます。

 

スポンサードリンク

 

【久留米けいとう】の育て方!

「ケイトウ」の花を種から育てるのは始めてなので

簡単に育てることができる「久留米けいとう」という品種の

種を撒いていきます。

 

夏から秋にかけ花を咲かせる「久留米ケイトウ」はケイトウ属に分類される一年そうで

暖かくなる4月~7月頃までに種をまきます。

「久留米けいとう」は久留米市で品種改良がなされたことに由来しています。

 

長い期間花を楽しむことができる「ケイトウ」は

こぼれ種で翌年、花を咲かせることもあるそうで

「けいとう」の仲間には、セロシア属で60種類ほどあるそうです。

 

「久留米けいとう」特徴

古くから親しまれなじみ深い「久留米けいとう」の花です。

鶏のトサカによく似ていることから、「鶏頭」と呼ばれ

丸い花姿が特徴的で、色鮮やかで花茎が真っすぐ伸び

切り花として活用できる「久留米けいとう」

 

「久留米けいとう」種まき

移植を嫌う為、花壇、鉢に直接種を撒いていきます。

発芽後は、しっかりした苗を残し10~20cm間隔になるように間引いていきます。

地植えの場合は肥料は特に必要ありません。

 

「水やり」

水やりが足らないと、下葉が枯れ見た目が悪くなります。

生育には水を切らさないように十分水やりしていきます。

 

「肥料」

プランター、鉢植えの場合は、本葉が出始めてきたら1週間に一度位の頻度で

肥料を与えていきます。

「けいとう」は肥料、水分を必要とする植物で小苗で花穂がつくのを防ぐため

必要になります。

 

「ハイポネックス」液体肥料

下記より購入できます。

 

 

 

  • 園芸分類 ・・・ 草花
  • 形態 ・・・ 一年草
  • 原産地 ・・・ インド、熱帯アジア
  • 草丈 ・・・ 0.1~2m
  • 開花時期 ・・・ 7月~11月
  • 花色 ・・・ 赤、ピンク、黄、オレンジ、淡緑
  • 耐寒性 ・・・ 弱い
  • 耐暑性 ・・・ 強い

 

 

「久留米けいとう」種

下記より購入できます。

 

 

「久留米けいとう」種

下記より購入できます。

 

 

 

こちらもあわせて読みたい

 

 

 

SponsoredLink

こちらもよく読まれています