【セントポーリア】育て方!日常管理小さな可愛い花を咲かせた「セントポーリア」を

室内で育てています。

室内で栽培温度の18~25℃を維持できれば

一年中可愛い花を楽しむことができ、品種も豊富にあります。

 

 

スポンサードリンク

 

【セントポーリア】育て方!

温度が維持できれば、一年中花を楽しむことができ品種も豊富で

花は、一重、八重咲き、大輪、フリル咲などいろいろあります。

 

直射日光の当たらない、カーテン越しの日光が好まれます。

夏の強い日光に当てていると葉が焼けてきます。

 

「セントポーリア」はあまり日が当たらない場所でも

十分に育てることができます。

夏に日光が当たる場所に置いていたら、葉が焼け元気がなくなってきました。(直射日光ではない)

水やりも頻繁にしていたら、葉に力がなくなってしんなりしてきました。

 

 「水やり」

夏場は、暑いからと思って頻繁に水やりをしていましたが、それが駄目だったみたいです。

夏は、高温で生育が停滞する為、少し乾かし気味の方がいいみたいです。

 

春と秋は、土の表面が乾いたら鉢底から水が流れるまで与えていきます。

水やり時に気をつけることは、葉、花にかからないように気をつけてください。

葉っぱには毛が生えている為、水がかかると流れないで表面に残り

そこに日が当たることで葉焼けする事があるそうです。

水やりするときは、葉っぱを手で上げて株元に与えていきます。

冬、10℃を下回るときは、乾かし気味で育てていきます。

 

その後、しばらく水やりを控えていると、こんなに元気になっています。

夏には、白い小さな花が次々咲いていましたが、今は花が咲いていないのが残念です。

土の表面が乾いて鉢を提げても軽い!

水不足なのか、水を上げてみました。

9月下旬現在の「セントポーリア」です。

【セントポーリア】育て方!

 

葉っぱは元気がいい状態なので、もう少し待っていたら花が咲くかもしれません。

 

SponsoredLink

「セントポーリア」は、花の時期も長く9~6月

花が咲かない時期は、真夏の7~8月頃までになっています。

 

 「肥料」

室温が20℃~30℃を保つ時期に薄めた液体肥料を月に1~2回与えます。

それ以外は必要がないそうです。

肥料の時期は、春、秋が適しているそうです。あまりやり過ぎると花付が悪くなることもあるそうです。

 

 「セントポーリア」風水は?

幸運と運気が上昇する効果があるそうです。

紫色の「セントポーリア」は外からの評価を呼んでくれるそうです。

これだけの効果があると、「セントポーリア」を部屋において見たくなりますよね。

 

「セントポーリア」紫下記より購入できます。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(観葉植物)セントポーリア オプチマラ タロー 3.5号(1鉢)
価格:960円(税込、送料別) (2018/9/24時点)

楽天で購入

 

 

「セントポーリア」下記から購入できます。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(送料無料) セントポーリア おまかせ 3鉢セット 3.5号 / 花苗・プレゼント・ギフト
価格:2484円(税込、送料無料) (2018/9/24時点)

楽天で購入

 

 

「セントポーリア」の「培養土」下記より購入できます。↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

お一人様5点限り セントポーリアの培養土 2L  関東当日便
価格:295円(税込、送料別) (2018/9/24時点)

楽天で購入

 

 

こちらもあわせて読みたい

 

SponsoredLink