【夏バテ】防止!効果的な食べ物は?

出典:
http://www.irasutoya.com/

【夏バテ】防止!

夏の暑さで多量の汗をかきその汗が

沢山のビタミン、ミネラルを体から失われていきます。

ビタミン、ミネラルを補給しないと体力がおち「夏バテ」に

陥ってしまいます。

夏にはスタミナをつける、一日三食しっかり

食事をする。

 

スポンサードリンク

 

【夏バテ】の原因は?

夏の暑さで多量の汗をかきその汗が

沢山のビタミン、ミネラルを体から失われていきます。

 

高温、多湿な状態になると体温を一定に保とうとし

必要以上にエネルギーを使う為、体に大きな負担をかけることになります。

 

水分補給不足、食欲不振による栄養不足、睡眠不足

暑い場所での仕事で、体力を極端に失う事などが原因になっています。

 

 【夏バテ】の症状!

「夏バテ」になると、食欲がなくなり心身共に不調になり

全身の疲労感、無気力、イライラ、立ちくらみ、めまい

などの症状がでることがあります。

 

【夏バテ】防止に効果!

疲労回復に効果がある食べものは

鶏の胸肉、マグロ、カツオなどがおススメです。

 

飲み物は甘酒がおススメになっています。

甘酒は、江戸時代から「夏バテ」の予防で飲まれていたそうです。

 

甘酒には、体の中で作ることが出来ないアミノ酸が

SponsoredLink

含まれ、これを飲む事で「夏バテ」の防止になるそうです。

 

甘酒はしょうが入りの物も売っています。

アッサリ味でとっても美味しですよ。

 

【夏バテ】防止対策!

水分をしっかりとり、バランスのよい食事をする。

暑い夏を快適に過ごす為に、欠かすことが出来ないのがエアコンになりますが

冷やし過ぎ体に一番悪いそうです。

 

部屋と外の温度差が、一番「夏バテ」になりやすいのです。

暑い外にいると、体温を保つために汗をたくさんかきます。

 

この状態で涼しい、エアコンがきいている場所に行くと

体が暑い、涼しい場所に適応するために自律神経が働きます。

 

何度も繰り返すことで、自律神経が正常に機能しなくなっていきます。

これが「夏バテ」の大きな要因になっています。

 

部屋の冷やし過ぎには注意が必要になってきますが

暑いとどうしても、涼しくなるクーラーをつけてしまいます

どのくらいの温度に設定するといいのでしょうか?

 

設定の基本は、少し暑いと感じる程度の温度設定にする。

エアコンの設定温度には、個人差があるので一概には言えませんが

就寝中は少し温度を上げて、27~28度にする方が望ましいそうです。

 

就寝中は体温が下がりますので、エアコンの温度は起きているときより

少し高めの設定にする。

 

必要以上に冷やすことのない、おやすみ機能を活用していきます。

これから夏本番、「夏バテ」をしない体つくりをして、楽しい夏を過ごしていきましょう。

 

こちらもあわせて読みたい

 

こちらもよく読まれています