2019-05-09_141226取り立てのさや付き「えんどう豆」を

知人からもらったので、今日は「豆ごはん」を作ります。

豆はたんぱく質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を多く含む

栄養豊富な食材になります。

 

 

 

スポンサードリンク

 

【豆ごはん】の作り方!

新鮮なさや付きの「えんどう豆」です。

2019-05-09_141311

 

 

 

 

 

 

「えんどう豆」をさやから出し軽く洗って水を切って置く。

2019-05-09_141226

 

 

 

 

 

 

  1. 研いだ米を炊飯器に2合の目盛りまで水を入れます。
  2. 塩、酒、出し昆布をいれていきます。

【豆ごはん】簡単で美味しい!作り方は?

 

 

 

 

 

 

さやから出して軽く洗った「えんどう豆」を炊飯器の中に入れて行きます。

研いだ米を炊飯器に2合の目盛りまで水を入れます。

 

 

 

 

 

 

豆を後から入れるのではなく最初から炊き上げていきます。

【豆ごはん】簡単で美味しい!作り方は?

 

 

 

 

 

 

 

豆の色は多少悪くなりますが

味は後から入れても先に入れても同じです。

先に「えんどう豆」を入れて炊くと、御飯と豆が一体化し美味しく仕上がります。

    ・・・豆を色鮮やかに仕上げたいときは、一度サッとした茹でしておきます。・・・

 

炊きあがりました。豆の色もあまり変わっているように感じません。

出し昆布を取りだし混ぜていきます。

  【豆ごはん】簡単で美味しい!作り方は?

 

 

 

 

 

SponsoredLink

豆の香りと甘みがありスゴク美味しい・・・

塩加減は少し控えると、食べる時に自分の好みの塩加減に

調整して頂くことができます。

【豆ごはん】簡単で美味しい!作り方は?

  

 

 

 

  

 

   「材料」

  • 米 : 2合
  • えんどう豆 : 約100g (豆の量は好みで調整してもいいです)
  • 塩 : 小さじ1杯と1/3 (好みで調整してもいいです)
  • 酒 : 大さじ1/2 
  • 出汁昆布 : 小を1枚

 

「えんどう豆」は、ビタミン、ミネラルなど栄養素が豊富に含まれた

マメ科のエンドウ属の植物の野菜になります。

 

日本で「えんどう豆」が食べられるようになったのは、江戸時代になってからだそうです。

家庭菜園で簡単に育てることができます。

さや付きの「えんどう豆」また豆だけの「グリーンピース」として知られています。

 

「えんどう豆」は、糖質の代謝を助けるばかりでなく、エネルギーを作りだしたり

疲労回復にも効果があるビタミンB1、皮膚の粘膜の機能維持、成長によいビタミンB2

脳神経を正常に働かせるナイアシン、骨、歯を構成する為必要なミネラル、カルシウム

リン、マグネシウムなども豊富で、カルウムも含まれ疲労回復、利尿作用

高血圧の予防にも役立つそうです。

 

下記から「えんどう豆」購入できます。

 

 

こちらもあわせて読みたい

 

SponsoredLink