秋に球根【アネモネ】育て方!を植え付けていた「アネモネ」が

 可愛い花を咲かせています。

 草丈は25~40cmになるキンポウゲ科の多年草で

 切り花としても楽しむことができます。

 「アネモネ」は育てやすい初心者向きの花になります。

 

 

スポンサードリンク

 

【アネモネ】の育て方!

地中海沿岸、ヨーロッパ南部に分布するキンポウゲ科の

多年草の植物で、秋に球根を植え付けておくと春に花が咲き始めます。

「アネモネ」の植え付け時期は、地温が下がる10月下旬頃が適しています。

地温の高い9月頃に植え付けすると、球根が腐りやすくなり

発芽率が下がりますので注意が必要になります。

 

夏の暑さには弱く枯れてしまいますが、寒さには強いので

寒い地域でも簡単に育てることができます。

 

4~5月に一重、八重咲の花を咲かせます。

鉢植え、花壇に植えて楽しむことができ

花色も紫、白、赤、ピンクなどがあります。

【アネモネ】育て方!

 

植えつけ場所は、日当たりと風通し、水はけの良い土壌が適しています。

球根は寒冷地では7~8cmの深さで植えつけていきます。

尖った方を下に平らな方を上に植え付けしていきます。

深植えすると槌の中で殖える芽が少なくなり、花が少なくなるので注意が必要です。

 

水やりは地植えの場合は必要ありませんが、鉢植えの場合は

土が乾いたら与えて下さい。

湿気が多くなると枯れる可能性がある為、水の与えすぎには注意してください。

 

SponsoredLink

ふやし方は、球根を切り分けて増やしていきます。

花の時期が終わったら、球根を掘り起して行っていきます。

 

こちらから動画ご覧ください

 

下記より「アネモネ」購入できます。

 

 

 

 

可愛い「植木鉢」下記より購入可能です。

 

 

 

 
 
SponsoredLink