春の花【コンボルブルス】の育て方!美しい丈夫な花春の花

【コンボルブルス】

温帯、亜熱帯にかけ200~250種類が分布する

ツル性の植物です。

毎年可愛い花を咲かせる多年草で、とっても育てやすい初心者向けの

花になります。

ツル性なので塀に沿って植えると、垂れ下がって咲き大変見応えがある

強い花になります。

 

 

 

スポンサードリンク

 

春の花コンボルブルス】の育て方!

温帯、亜熱帯にかけ200~250種類が分布する

ツル性の植物です。

 

基本の花の色は、濃い青色で中心が黄色で中間部分に白色が入っています。

和名は三色昼顔(サンシキヒルガオ)になり、朝顔を少し小さくした花みたいです。

 

毎年この5月に咲き続けている、とっても強い花で何十年も咲いてくれています。

 ツル性の花になっているので、切り花としては不向きです。

 

 日当たり・植え場所

日当たりの良い場所に植え付けます。

 

暑さに強く寒さに弱いのですが、寒くて冬は雪が降って

積もることが有りますが、春にはいつも咲いてくれていますので

寒さにも強い花です。

 

春になって気温が上昇してくると、次つぎに花をつけていきます。

かかり易い病気も特にありません。

 

 植えつけ場所 

水はけのよい土壌を好みます。

じめじめした水はけの悪い場所は適していません。

 

 水やり・肥料

土の表面が乾いたらタップリ水を与えてください。

水の与えすぎに気をつけ、過湿気味にはしないでください。

春から初夏にかけ、月に1回から2回程度液体肥料を与えていきます。

 

 増やし方

多年草のタイプでは挿し木、株分けで簡単にふやすことが出来ます。

挿し木の時期は、初夏の頃が根付きが一番いいです。

 

 手入れ

茎が横に這うように広がっていく性質があるので

吊り鉢、グランドカバー、石垣に垂れ下がらせて楽しむことができます。

垂れ下がると見事で、花の色も青色なので涼しさを感じさせ涼を届けてくれます。

SponsoredLink

 

 剪定

強い剪定は枯れることもあります。

密生して茂る為、蒸れて日光が内部まで届かなくなりますので

中心部は枯れてしまうことが多です。

 

風通しを良くするために、密生している枝を取り除いて下さい。

私は、簡単に手で引きちぎっていますが、皮膚の弱い方は注意が必要みたいです。

 

剪定時期は3月~5月にすることで、脇芽を増やすことができて

株が大きくなります。

 

 

  • 科名 : ヒルガオ科
  • 別名 : サンシキヒルガオ
  • 原産地 : 温帯・亜熱帯
  • ツル長さ : 30cm~1m
  • 開花時期 : 5月~9月
  • 種蒔き : 4月~5月
  • 肥料 : 5月~7月

 

こちらもあわせて読みたい

 

こちらもよく読まれています