マツコの知らない世界フルーツの世界中野瑞樹

出典:
http://www.irasutoya.com/

 

【マツコの知らない世界】

2015年9月1日(火)午後9:00から9:54分まで放送

フルーツの世界で、フルーツだけで生活している中野瑞機が登

場する。

6年間フルーツを食べて生活している。

中野瑞機が、スタジオに登場してフルーツを熱く語っていく。

 

 

 

スポンサードリンク

 

【マツコの知らない世界】にフルーツ大好き男性登場!

2015年9月1日(火)午後9:00から9:54分まで放送

6年間フルーツを食べて生活している中野瑞機が登場する。

食べているだけじゃない、水分もフルーツから摂取しているそうです。

 

一人暮らしをしている中野瑞機の日常生活に密着する!

自宅に行くと、普通の家庭では欠かすことのできない、炊飯器もコンロもない。

至ってシンプルな台所回りになっている。

部屋は、綺麗に片付いていて一人住まいを伺わせない!

 

冷蔵庫の中には、フルーツでいっぱいになっている。

メロン、スイカの皮も冷蔵庫に入っている。

 

塩分をとる為に、果物の皮をぬか漬けにして食べているそうです。

フルーツは、食後に食べると血糖値が上がるので先に食べるそうです。

 

先に食べることで、血糖値の上昇をおさえる事ができるみたいです。

フルーツを食べることで、身体にも大きな変化がおきてきたそうです。

 

その変化とは、すね毛がすべて消えスッキリした足になっている。

まるで女性の足の様にすべすべです。

 

すね毛が、一本も生えていない。スゴイフルーツのパワーですかね。

本人いわく、女性ホルモンが増えたのでは?と語っていました。

 

又肌も、きめ細かくなってきているそうです。

フルーツには、ビタミンが多いから肌がきれいになるのでしょうか。

フルーツは毎日食べて貰いたいと、熱く語った。

 

  『フルーツの切り方』

フルーツの切り方で、味が変わるそうです。

リンゴは、ポリフェノールが多いフルーツになる。

SponsoredLink

リンゴを横にして真ん中から切っていく、後はスライスして芯をとる。

 

パイナップルの切り方は、葉っぱを手でちぎる。

輪切りにしていく、回しながら皮をむく

芯をよけながら切っていく。

 

バナップル、一つで2度美味しい

新しい食感、冷蔵庫で冷やして食べる。

 

フルーツ大好き人間にとっては、大変興味深い話でした。

でも毎日食べていると、フルーツって飽きてきますね。

種類を変えて食べるようにしています。

 

フルーツだけ、食べて普通に生活して行くことが出来るのですね。

なかなかマネはできないですね。

 

フルーツは、食物繊維、天然のビタミン、ミネラルも豊富と身体にはいいですね。

 

 【中野瑞樹 ・ プロフィール】

名前 : 中野瑞樹(なかのみずき)

生年月日 : 1976年

出身地 : 和歌山県

学歴 : 京都大学農学部

職業 : 体を張るフルーツ研究家、国際Kiraful協会代表、日本フルーツコンシェルジュ協会副理事長、

日本フルーツアドバイザー協会専務理事

趣味 :神社参拝、紙工作

 

中野瑞樹の趣味は、神社参拝なんですね。

なんとも渋い趣味になっています。

 

2001年から2005年まで、東京大学工学部で教員を務めていました。

2005年にフルーツを極めることで退職する。安定している職業を辞める勇気もスゴイですね。

 

2004年からは、フルーツの良さを伝えるフルーツセミナーを積極的におこなっている。

2009年から、フルーツだけの生活をする事で、フルーツの食べ過ぎによる害などを

身を持って体験することを始めている。

 

2011年からは、フルーツをいかに消費していくのかに

力を注いでいく。

 

中野瑞樹は病院の検査結果でも、体重が10k減で、血液検査の結果も良好だと

スタジオで、マツコに診断書を見て貰っていた。

フルーツ最強です。

 

こちらもあわせて読みたい

こちらもよく読まれています