観葉植物【アンスリュウム】の育て方!観葉植物【アンスリュウム】

は艶やかで、姿はスラットとしている。

ハート型の花が咲く、大変人気のある花になっています。

熱帯地方の植物になり、イメージとは違って直射日光に弱く

葉焼けを起こすことがあります。

母の日に贈って貰った花になります。

凄く豪華でしょう。

育て方が、まったくわからなく調べてみる事にしました。

 

 

 

スポンサードリンク

 

観葉植物【アンスリュウム】の花!

「アンスリュウム」は、艶やかな花なので

本当にこの花、観葉植物なの??

 

花がツルツルでまるで造花みたい、、、

葉っぱを触ると、造花で無いことがわかる感じでした。

 

花と葉っぱがハート型♪

珍しい「アンスリュウム」はツヤとボリューム感があり草姿もいい花で、今最も人気になっています。

ネット通販では、売り切れ商品が多数でていました。

 

母の日のお店では、沢山の「アンスリュウム」の花が売られて

いるのを見かけました。

花がハート型になっているの珍しいですね。。。

 

  観葉植物【アンスリュウム】の上手な育て方!

「アンスリュウム」は、日本の寒さに耐えることが難しく

鉢植えで育てることが一般的になっています。

 

土壌も通常の土に植え付けすると、根腐れを起こしやすく

庭植えには向いていません。

 

一年中室内で楽しむことができる「アンスリュウム」は光沢のある花と葉で

花の姿も上品なので、玄関に飾っても惹き立っています。

 

 『置き場所』

直射日光を避けて、レースのカーテン越しに光が当たる場所が

適しています。

 

薄暗い部屋では、花が咲きにくくなるため注意してください。

寒さに弱いため、冬場は室内の温かい場所に移動してください。

(窓際は避けて置いて下さい)。

 

 『水やり』

4月~10月の生育期には、土の表面が乾いたらタップリと水を

与えていきます。

 

「アンスリュウム」は、多湿を好む植物ですが

常に用土が湿っている状態にすると、根腐れを起こしてしまいます。

 

極端に乾燥させると、下の葉が黄色くなって落ちてしまいます。

時々葉に霧吹きを使って、湿度を保つようにしてくさい。

 

 『肥料』

5月~10月の生長期に、緩効性化成肥料を1カ月に一回与えると

花付がよくなっていきます。

 

 『葉ながら摘み』

春から秋まで花を楽しむことができます。

いつまでも花を咲かせていると、次に咲く花が咲きにくくなってきます。

花の色が、あせてきたら元から早めに切り取っていきます。

 

  • 開花時期 : 4月~7月下旬
  • 植えつけ・株分け : 5月~7月
  • 肥料 : 5月~9月

 

 『ふやし方』

株分けでふやしていきます。

鉢から株を抜いて、根を傷めないように気をつけて

古い用土を取り除きます。

SponsoredLink

 

付け根から子株を、葉を4~6枚付いた状態で切り分け

新しくした用土に植え付けしていきます。

 

肥料は下記の商品を使っています。

 

 

 

 

こちらもあわせて読みたい

 

こちらもよく読まれています