2020-04-07_204549【西の空】一段と輝く星を今見る事ができます。

  すごく輝いているのですぐ見つけることができす。

  晴れた日に夕暮の西の空を見上げて見て下さい。

 

 

 

スポンサードリンク

 

【西の空】「金星」を今見ることができます。

2019年の11月頃から2020年の5月頃まで、宵の明星の「金星」が見ごろになっています。

肉眼でもはっきり見ることができます。

 

他の星がまだ出ていない頃に「金星」を見ることができます。

「宵の明星」や「一番星」と呼ばれている「金星」です。

輝いた「金星」を見る時期は限られています。

今がチャンスです見逃さないで西の空の「金星」を見て下さい。

 

地球に最も近い惑星が「金星」です。

太陽を中心に公転し大きさや密度も地球に近く地球型惑星の1つです。

 

 

「金星」は太陽、月に次ぐ明るさ

宵の空にあるときはどの星よりも最初に輝き始め

明け方の空では、最後まで輝き続けています。

一番明るく輝く「金星」は、良く見える方でしたら昼間でも見つける事ができるそうです。

太陽と月を除けば、「金星」より明るい天体は存在しないそうです。

 

SponsoredLink

・・・見逃さないで見てください・・・

4月28日に最大光度の「金星」を見ることができます。

 

4月7日 ・・・ 西の空を見上げると凄く輝く「金星」を見ました。

やっぱ星って癒されますね

夜8時半頃に西の上空で輝いた「金星」が山の近くまで

降りてきて輝いていました。

 

4月8日 ・・・ 7時過ぎ、薄暗くなったばかりで、まだあまり光っていません

白くなっている部分が「金星」です。

2020-04-09_100701

 

7時40分頃の「金星」すごく光っていました。

左上の光っているのが「金星」です。

2020-04-08_195226

                                               9時前頃には、上空 で輝いていた「金星」が山の側で輝いていました。

2020-04-09_100728

              4月26日西の空に「金星」が輝いていました。

               すごい綺麗でした。

2020-05-10_170107

 

「金星」は昔から「明けの明星」、「宵の明星」と親しまれてきました。

「金星」はいつも太陽の方向に見える惑星です。

日の出前の東の空か、日の入り後の西の空しか見ることができません。

真夜中は「金星」を見ることはできないのです。

 

北の空には、「北斗七星」が輝いています。

7つの星が水を汲むひしゃく形にならんでいます。

 

輝く星「金星」を見つけ少しでも勇気と元気をもらってみませんか?

ぜひ空を見上げて癒されて見て下さい。

 

こちらもあわせて読みたい

 

SponsoredLink

こちらもよく読まれています