ホトトギスの育て方強い花です

出典:
www.google.co.jp

 

【ホトトギス】

9月から11月に花を付けるユリ科の植物です。

ホトトギスの鳥の胸毛に似ていて、白に赤紫の斑点の花を

咲かせます。

ホトトギスの鳥の模様に似ている事から、この名前が付いた

そうです。

代表的な秋の山野草です。

 

 

スポンサードリンク

 

【ホトトギス】の育て方!

9月から11月に花を付けるユリ科の植物です。

鳥のホトトギスの胸毛に似て白に赤紫の斑点の花を咲かせます。

鳥にホトトギスの模様に似ている事から、この名前が付いたそうです。

 

東アジア(日本、台湾、朝鮮半島)に分布し19種が確認されている。

その内日本では、13種(変種は除く)が確認されている。

 

内10種は、日本固有種だそうです。

日本列島を中心に分布している為に、日本が原産であると推測されている。

 

  • 【肥料・水やり】

乾燥には弱いので、夏の水やりはタップリと与えましょう。

冬には、地上部は枯れて休眠しますが、春になれば

芽が出てきます。

 

わが家では、木の木陰に植えていて、長い間咲いてくれています。

今年も元気に育ってます。

 

草丈もあるので、切り花としても利用でき

和室にマッチする、カワイイ花です。

 

  • 【植えつけ・植え替え】

水はけの良い土壌に植え付けていきましょう。

乾燥気味の土の方がいいみたいです。

 

  • 【管理】

春から初夏までの生育期間は日に当てましょう。

鉢植えの場合には、日当たりに出しておきましょう。

 

日に焼けて、葉が変色するようであれば、日当たりの弱い場所に

移動していきます。

 

暑さには弱いので風通しのよい日陰がいいでしょう。

ホトトギスの自生場所は、木の根元や木陰、崖などの傾斜地など日当たりの

悪い所で生育しています。

 

冬には、地上部が枯れてなくなりますが、結構寒い場所でも

冬を越す事が出来る強い花です。

SponsoredLink

 

    • 開花時期 : 8月から11月
    • 植えつけ、植え替え時期 : 3月から4月
    • 肥料の時期 : 3月から6月 9月から10月
    • 草丈 : 30cmから60cm

 

アコウ(ホトトギス)「☆」
価格:1058円(税込、送料別)

 

 

こちらもあわせて読みたい

 

こちらもよく読まれています