アガパンサスの育て方【アガパンサス】

南アフリカに10~20種確認されている。

毎年花を咲かせる多年草になります。

園芸品種は、300種以上あり、開花時期や草丈など

バラエティーに富んでいます。

冬に枯れない常緑種と、枯れて休眠するタイプがあります。

 

 

 

スポンサードリンク

 

【アガパンサス】の育て方!

南アフリカに10~20種確認されている。

毎年花を咲かせる多年草で、非常に強い花で、露地植えに向きます。

 

開花期 : 6月から9月

植え替え・株分け : 4月から5月-9月から10月

肥料 : 3月から5月-9月

 

 『花後の管理』

花が終わったら、花茎の根元から切り落とします。

花茎を付けたままですと、株の栄養が種にとられてしまい弱ってきます。

 

 『品種を選んで植える』

耐寒性の強い落葉性と、半耐寒性のものがあり育て方は変わらないのですが

寒い地域では、半耐寒性のものは、寒さで育てにくい可能性もあります。

良く育つ花なので、年々株が広がっていきます。

鉢植えの場合は、草丈の低い品種を選んで植えた方がいいでしょう。

 

 『日当たり・ 置き場所』

日当たりがいい方がいいのですが、午前中に日が当たれば大丈夫です。

寒さに強く、葉が枯れても根の状態で冬を越します。

春には、芽が出てきますので大丈夫です。

 

 『用土』

土質は選ばずに、やせた土地でも育ちます。

根の生育がいいので、鉢植えの場合は少し大きめの鉢に植え付ける事をお勧めします。

 

 『植え替え・植えつけ』

植え替えは、4月から5月、9月から10月に行います。

鉢植えの場合は、鉢底から根が出てくるようなら植え替えしましょう。

鉢を大きくしたくない場合は、株分けして調整していきます。

 

地植えの場合は、株が大きくなり混み合って来たら、株分けしていきます。

3年から5年が目安になりますが、小さくしたい場合は株分けして植え替えてください。

あまり手がかからない丈夫な花です。

 

  • 科名 : ユリ(ヒガンバナ)科
  • 別名 : ムラサキクンシラン
  • 原産地 : 南アフリカ
  • 草丈 : 70cmから1.5m
  • 開花期 : 6月から9月

 

【アガパンサス】は、青い花しか知らなかったので白い花を見た時は

SponsoredLink

感動しました。

街で見かけた【アガパンサス】の白い花です。

可愛いので写してみましたよ。

011

 

花言葉

恋の訪れ

 

下記から苗を買うことができます

 

 

 

こちらもよく読まれています