【サンパラソル】夏の花の育て方!

出典:
www.google.co.jp

【サンパラソル】

赤やピンクが特徴的で、夏に花を咲かせます。

ツル性の植物で、アーチ仕立てで楽しむことが出来ます。

原産は亜熱帯地域で、冬の寒さには弱い性質になっています。

冬には、室内に取り込んで育てていきます。

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

【サンパラソル】の育て方!

夏に可愛い花を咲かせる【サンパラソル】のピンクと赤を買ってきて

鉢植えしました。

 

苗が小さくまだ花が付いていません。

【サンパラソル】夏の花!育て方

まだ苗が小さくて花は咲いていません。

寒い冬は、屋外での管理が難しいので鉢植えにしています。

 

暑い夏を彩る【サンパラソル】

水はけが良く、培養土を使って育てていきます。

 

水やり土の表面が乾いたら、水を与えていきます。

水のやり過ぎは、根腐れを起こすので注意が必要になってきます。

 

冬越しをして、何年か経つと根が太くなり、乾燥に強くなっていくそうです。

花が咲くと1週間位咲くので、花に水がかからないように気をつけて水やりします。

 

新芽が出てきたら、液肥を与えます。

花が咲いている時は、液肥を一週間に1回程度与えていきます。

 

「直射日光」が大好きな花になるので、半日陰か一日中日が当たる場所

置いておきます。

強い西日の当たる場所は、控えた方が良いでしょう。

 

花は夏から10月頃まで楽しむことができます。

ひとつの花の開花は約1週間

花が咲き終わったら花柄を摘み取っていきます。

 

【サンパラソル】はツル性で伸びたツルは

下の方に向かって巻き戻していきます。

花を沢山つけるためには、ツルは切らずに

支柱に半時計回りに絡ませ伸ばし続けていきましょう。

 

花が咲き終わったら長いツルを剪定していきます。

寒い地域なので冬越しが心配です。

SponsoredLink

 

冬場の戸外での越冬は難しいため

室内の温度が15度あり日当たりが良い場所で管理すれば

花を咲かせるそうです。

 

こちらから動画

ご覧ください

 

 

 

 

こちらもよく読まれています