『青森のブナコランプ』の灯りが美しい!【所さんのニッポンの出番!】で紹介

出典:
www.google.co.jp

 

【所さんのニッポンの出番!】

『青森のブナコランプ』が紹介されている。

ブナコランプの真っ赤な灯りが魅了されている。

どんなアイデアで誕生したランプなのでしょうか。

『青森のブナコランプ』の見かける事の少ない形、赤く灯る色にビックリ??

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

【所さんのニッポンの出番!】で『青森のブナコランプ』が紹介!!

ランプの灯りは癒されますね。

『青森のブナコランプ』は、ブナの木で出来ている為灯りをつけると

真っ赤に灯る木製のランプで、幻想的な雰囲気を醸し出してくれます。

 

幻想的な赤い色は、科学でも解明されていないそうです。

自然からの不思議な贈り物みたいですね、、、

 

ブナの木は土砂災害から、私たちを守ってくれるだけでなくて

酸素も作ってくれて、環境に優しいなくてはならない木です。

そんなブナの木から作られているランプは、人間にとって優しい存在なのです。

『青森のブナコランプ』の灯りが美しい!【所さんのニッポンの出番!】で紹介

出典:
www.google.co.jp

 

形も様々ありますから、部屋に合わせて購入できるのがウレシイです。

『青森のブナコランプ』は、青森県弘前市の「ブナコ株式会社」で作られたものになります。

SponsoredLink

 

「ブナコランプ」は、ブナの木をコイル巻で作っているので

ブナコイルとのことでブナコと名前を付けられたそうです。

 

ランプの素材は、青森に多く見られるブナの木です。

厚さ1mmに切ったブナの木をコイル巻して作っていくので

強度が増して、乾燥しても割れる事がないのです。

 

コイル巻したブナを、少しずつズラシながら形状を変えて作っていく時に

使っているものは湯飲み茶わん、曲線には丁度良かったみたいです。

 

この工程の後、塗装、研磨を繰り返し手作業する。

完成までには3週間以上かかるそうです。

手間をかけて作った『青森のブナコランプ』が誕生していくのです。

 

光を当てることで、赤く光るブナを照明にする事を

社長自ら考案、率先して作り上げたそうです。

 

『青森のブナコランプ』の種類は、スタンドランプの物から

テーブルランプ、ペンダントランプ、フロアーランプなど60種類以上あります。

ブナコ TABLE LAMP BL-T565

ブナコ TABLE LAMP BL-T565
価格:32,400円(税込、送料込)

 

こちらもよく読まれています