刈谷ハイウェイオアシス来場者数第3位

出典:
www.google.co.jp

 

【刈谷ハイウェイオアシス】

愛知県刈谷市にある【刈谷ハイウェーイオアシス】が

日本ランキング3位と、人気があるテーマパークになっています。

入場料も激安で、館内は充実している。

エリア内には、天然温泉や、産直市場、足湯、飲食店なども完備

されて大人から子供まで楽しめるテーマパークで有名になっている場所です。

 

 

スポンサードリンク

 

 

【刈谷ハイウェーイオアシス】が来場者数日本第3位!

2013年には、来場者数が820万人で、日本では第3位になっています。

一度は、行って見たい場所!【刈谷ハイウェーイオアシス】です。

 

岩ケ池公園と伊勢湾岸自動車道の刈谷パーキングエリアが

隣り合わせてお互いに行き来できる複合施設の【刈谷ハイウェーイオアシス】です。

 

岩ケ池周辺の自然とレストランショップ、刈谷では初の天然温泉などもあって

誰もが楽しめる魅力ある【刈谷ハイウェーイオアシス】になっています。

 

刈谷ハイウェイオアシス来場者数第3位

出典:
www.google.co.jp

「天然温泉かきつばた」

営業時間 : 9:00から23:00

休館日 : 毎月15日(土日祝の場合は翌平日)

入館料 : 大人(中学生以上)820円

会員大人 : 770円

小人 (3歳までは無料)410円

 

 

刈谷ハイウェイオアシス来場者数第3位

出典:
www.google.co.jp

露天風呂や、足湯などもありドライブの途中や、買い物客

等で重宝されています。

天然温泉、岩盤浴ローリューサービスもあり、デットクス効果

バツグンです。

 

 

 

 

入場料が無料で、高速利用者、一般利用者も気軽に立ち寄る事ができ

大人から子供まで楽しめる複合施設になています。

 

観覧車の下には、足元から吹き出す小噴水、霧状のミスト噴水で小さ

な子供も安心して遊ぶことが出来ます。水遊びは、4月から10月頃ま

で楽しむことが出来ます。

刈谷ハイゥエーオアシス退場者数第三位

主典:
www.google.co.jp

暑い夏は、子供に水着を着せて遊ぶことも出来ます。

観覧車、乗り物なども充実していて、子供の年齢は5、6歳位が一

番多いそうです。

SponsoredLink

刈谷ハイゥエーオアシス来場者数日本第三位

出典:
www.google.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

【刈谷ハイウェーイオアシス】は、レジャー、健康、カルチャー、グルメ、お土産などの

施設が充実しています。

 

刈谷ハイウェイオアシス来場者数日本第3位

出典:
www.google.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【刈谷ハイウェーイオアシス】「産直市場おあしすフォーム」

地域の朝の取れたての、野菜が激安で売っています。

夏には、旬の小玉スイカも有名になっている、生産者の名前入りで売られているそうです。

 

地元で採れた、カニ、さざえ、貝、イサキなど生きのいい海鮮類も豊富にそろっています。

刈谷ハイゥエーオアシス来場者数日本第三位

出典:
  www.google.co.jp

子供を遊ばせている間に、お母さんは「産直市場おあしすフォーム」で

ゆっくり買い物をすませて、家路に着く事が出来ると、人気になっています。

 

 

 

 

 

隣接してある岩ケ池公園では、メリーゴーランド、ゴーカートな

ど有料遊具だけでなく幼児用の遊具や、シニア世代向きの健康遊具などがあります。

カリモク家具特注品で、全ての家具が地元で生産されています。

オアシス来場者数日本刈谷ハイゥエーオアシス来場者数日本第三位

出典:
www.google.co.jp

 

【刈谷ハイウェーイオアシス】のトイレも有名になっています。

男子トイレには、地元の高校生達が育てた花が飾っていてトイレから眺めることが出来ます。

女子トイレには、じゅうたんにソファーが置かれて、広くてデラックストイレになっています。

刈谷ハイゥエーオアシス来場者数日本第三位

出典:
www.google.co.j

 

こんなに広いトイレは、なかなか見る機会はないですね。

立派な作りになっています。

小さな子供を連れた、お母さんも安心してトイレに連れて行

くことが出来ますね。

 

一日中安い価格で遊んで、ご飯を食べて、温泉に浸かって買い物も出来て

全部ここで済ませる事が出来るので、人気になっているのでしょうね。

一度は、行ってみたい場所です。

 

「日常生活の中で、数百円、数千円で楽しめる場所を作りたい

との思いでこの施設を作ったそうです。

楽しめるジャージで来て下さい。」と

設計士の鵜飼哲矢が語っている。

こちらもよく読まれています