鹿児島県【硫黄島】に外国人が殺到する!秘湯がある?

出典:
www.google.co.jp

 

鹿児島県【硫黄島】

一度は訪れてみたい場所!

全国的に高評価の秘湯が存在している。

自然を満喫しながら、秘湯に入ることができる場所は

なかなかないです。

島には、4つの温泉がありますが中でも「東温泉」は

景観がスゴイ!! 行ってみたい・・・

 

 

 

スポンサードリンク

 

鹿児島県【硫黄島】の秘湯!

硫黄島(いおうじま)は、薩南諸島(さつなんしょとう)北部にある島です。

人口114人で世帯数は61世帯の小さな火山島です。

 

交通の便は、鹿児島北埠頭から定期船フェリー「みしま」が2日か3日おきに就航しています。

所要時間は4時間、鹿児島港と三島村の竹島、硫黄島、黒島を結んだ航路です。

 

村民の生活の足でもあるフェリーは、当村が船舶を建造して船舶交通事業を経営しています。

島の中には、バス、タクシーはないそうです。

 

この小さな島に秘湯と、言われている温泉が4つ存在しています。

「東温泉」「坂本温泉」「穴の浜温泉」「ウータン温泉」になっています。

 

別名「火山の箱庭」と言われ、海岸の砂浜を掘り返すと中からは温泉が湧き出て

温度は26度にもなっています。

 

上空から島を見下ろすと、島から連なった海は鉄分を含んだ温泉の湧出によって

海の水が茶褐色になって壮大な景色になっている。

SponsoredLink

海の色が変わるのは、潮の流れによってグラデーションになるのです。

 

珍しい海を眺めることができ、秘湯に入れることで外国人観光客が殺到しているそうです。

島に4つある温泉はすべて無料になっていますがガイドブックには載っていないそうです。

 

    『東温泉』 ・・・ 硫黄ミョウバン泉 (皮膚病に効果)

エメラルドグリーンの日本で有数な酸性度をもっている。

波打ち際に、波の浸食で出来た穴に源泉がたまって温泉になっている。

 

波打ち際にある為、波の高い時は高波が目の前まで押し寄せてくる迫力満点の温泉です。

海を眺めなが入る温泉は、絶景で大変珍しいものになっています。

一度は入ってみたいのわかります、、、自然っていいですね。

 

一番上は温度が高くて50度、真ん中は40度、下は30度になっているようです。

酸性が強いため目にしみるので、入らないように気をつけた方がいいそうです。

 

  『坂本温泉』 ・・・ 塩化ナトリウム泉 (肉体疲労に効果)

干潮の時だけ入ることが出来る温泉です。

自然の天然温泉で、岩にのりが生えているのですべらないように気をつけて入った方がいいです。

深くないので、半身浴をする人におすすめ!

 

  『穴の浜温泉』 ・・・ 泉質は不明 (調べてないそうです)

地元の方に自動車で、連れて行ってもらわないと無理みたいです。

自分で石を積んで、温泉を作って入るそうです。

 

  『ウータン温泉』 ・・・ 泉質は不明 (調べてないそうです)

乳白色の温泉が海とつながっている。

 

自然と温泉が好きな人は、一度は訪れてみたい素晴らしい場所になっています。

 

こちらもよく読まれています