2015立夏

出典:
http://www.irasutoya.com/

 

【立夏】

春分と夏至の中間で、昼夜の長短を基準に季節を区分する

場合、この日から立秋の前日までが夏となる。

今日2016年5月5日から【立夏】(りっか)になります。

新緑の季節で、麦が穂を出し始め、馬鈴薯や豆の種蒔きも

始まります。

カエルの鳴き声が聞こえてくるのもこの時期からです。

 

 

スポンサードリンク

 

今日5月5日から【立夏】(りっか)に入ります!

本格的に夏になるのは、まだまだ先になるのですが、暦の上では

5月5日から、【立夏】になります。

SponsoredLink

夏が立つと書いて、夏の気配が感じられる時期をいいます。

 

暦の上では【立夏】から夏の始まりになり、この日から立秋の前日までが夏季になります。

 

新緑の季節で、麦が穂を出し始め、馬鈴薯や豆の種蒔きも

始まります。田んぼには水がはられ、カエルの声もこの時期から

聞く事が出来るようになります。

 

気温も高くなり、日差しも強くなる日もありますが、この時期は、暑くもなく寒くもなく

涼しかった風が心地よく感じられ、気候的には丁度よい季節になります。

 

鬱陶しい梅雨やうだる様な夏の暑さの前に、行楽に出かけるのも良し

衣替えもこの時期が、一番適しているのではないでしょうか。

 

全国的に気温が上がり、25℃前後までの気温になりそうです。

少し暑いくらいになるのではないでしょうか。

連休最終日も、【立夏】らしい過ごしやすい陽気になってくれていますね。

こちらもよく読まれています