【赤ちゃん】冬の服の着せ方!服選びは?

出典:
www.google.co.jp

 

【赤ちゃん】

初めての肌着選び!楽しみですね。

肌着は、直接赤ちゃんの肌に触れるものなので、肌に合う素材が求

められます。

通気性、吸収性の良い素材が求められ素材選びが重要になってき

ます。

【赤ちゃん】は言葉を、発することができないのでお母さんの

小まめな愛情が求められます。

 

スポンサードリンク

 

【赤ちゃん】の肌着は!

肌に直接触れるものなので、柔らかい肌の赤ちゃんには

綿100%の肌着がおススメです。

 

綿100%の肌着は、吸水性、通気性に富んでいる為に

【赤ちゃん】の柔らかい肌には適して、汗も吸収します。

少し大きくなってきたら、綿100%でなくても大丈夫です。

 

汗っかきの赤ちゃんの肌着は、綿が一番良い素材だと思います。

汗をかいたり、飲んだお乳を戻すこともあったりと一日に何回か着替えをすることが

あるので何枚(5~6枚)か必要になってきます。

楽天デイリーランキング1位獲得!【日本製】新生児肌着4枚セット コンビ肌着×2枚・短肌着×2枚...

楽天デイリーランキング1位獲得!【日本製】新生児肌着4枚セット コンビ肌着×2枚・短肌着×2枚…
価格:2,484円(税込、送料別)

SponsoredLink

夏場の赤ちゃんには、短肌着だけで大丈夫ですが

冬場の赤ちゃんは、短肌着、長肌着、コンビ肌着を着用させていきます。

 

コンビ肌着は、足元にスナップが付いて入るので裾がめくれなくて

おしめ替えも楽にできます。

新生児は足を動かす動作が少ないので、裾丈が長くなっています。

 

赤ちゃんの肌着には、ボタンが付いて入る物は少なく、紐で結ぶタイプが

ほとんどです。

 

  • 短肌着

新生児から3カ月位まで着せることができます。

ひもで結んで着せていくタイプなので、調整もしやすく着せやすくて

着替えさせていくときも、ヒモをとくだけなので簡単です。

 

夏に生まれた赤ちゃんには、この短肌着だけでお腹にタオルケットを

掛けて寝させることもできます。

 

これっと言って正解はないので、お母さんが赤ちゃんにとって一番いい

過ごせ易いように考えてあげて下さい。

 

短肌着も長肌着も、お腹の部分は合わせで二重になっています。

 

夏場は汗をかいたら、小まめに着替えが必要になるので

枚数を少し多めに準備しておくといいでしょう。

 

  • 長肌着

短肌着の上から重ね着させる、丈の長い(赤ちゃんの足を包み込む長さ)肌着になります。

足の動きが出てくるころは、股の部分にボタンが付いて入るものが好ましいです。

 

冬場は、短肌着、長肌着、コンビ肌着を着せるといいでしょう。

寒い冬場の授乳時には、おくるみを兼用していく便利で

首が座っていない赤ちゃんには、しっかり包んで抱っこすることで

首がだらっとする事が少なくなり楽になります。

 

  • コンビ肌着

足元にボタンがついて、足を動かせるようになっても

裾がはだけることがありません。

短肌着の上に直接着せてもいいです。(長肌着を省いて)

 

ほとんど眠っていることが多い赤ちゃんには、衣類で調整してください。

たくさん着せすぎると、反対に汗をかいて風邪をひいてしまいます。

 

時々首元から背中に手を入れて、汗をかいていないか確認するのもいいです。

汗をかいていたら、ガーゼなど柔らかい布で汗を拭きとって、肌着を着替えさせて下さい。

 

こちらもよく読まれています