うるう秒7月1日一秒長い日

出典:
www.pakutaso.com

 

【うるう秒】で

7月1日は、3年に一回の【うるう秒】に当たり

その為に24時間より1秒長くなる。

NTTの時報では、「午前8時59分59秒と午前9時00分00秒」の

間に1秒挿入する事で、カバーする。

 

 

 

スポンサードリンク

 

【うるう秒】で1秒長い一日!

世界の標準時を、地球の自転に出来るだけ正確に

合わせる為に、1日を1秒長くする為に調整することを「うるう秒」と言われている。

 

7月1日に3年ぶりに実施されます。

SponsoredLink

大規模なコンピューターシステムを管理している企業などは

トラブルを防ぐために対策を進めている。

 

実際の地球の自転と人間が決めた時間との、間に徐々にずれが生じ

これをなくす為に、国際機関の呼びかけで数年に一回一日の

長さを1秒調整するのが「うるう秒」です。

 

日本時間の「午前8時59分59秒」の後に「59分60秒」という

特別な1秒が加えられます。

 

今回の【うるう秒】は、平日としては18年ぶりで

大規模なコンピューターシステムを管理している企業などは

トラブルを防ぐために対策を進めている。

 

平日の始業時刻を直撃している為に、社会活動への影響が起きなければいいのですが。

うるう秒で、1秒修正トラブルは報告されていない。

こちらもよく読まれています