上橋菜穂子本屋大賞

出典:
www.google.co.jp


【上橋菜穂子】

東京で生まれた【上橋菜穂子】は、児童文学作家、ファンタジ

ー作家、SF作家、文化人類学者です。

全国の書店員がいちばん売りたい本を、投票で選ぶ

第12回本屋大賞が、【上橋菜穂子】の

ファンタジー長編小説の『鹿の王』(KADOKAWA 角川書

店)に決まりました。

受賞作は、架空の世界が舞台で、野犬にかまれて不思議な力を持つようになった男と、医術師ホッサルの

話です。

今一番読んで見たい本第一位です。

 

スポンサードリンク

 

本屋大賞【上橋菜穂子】 『鹿の王』!

2013年12月から2014年11月に刊行された、日本の小説を対象にしている。

全国461書店の店員581人が1次投票で10作に絞って選び

2次投票で【上橋菜穂子】が「大賞」を決めたそうです。

 

生年月日 :  1962年7月15日生まれ(52歳)

職業 : 女子栄養大学助手 → 武蔵野大学非常勤講師 → 川村学園女子大学講師

同大学児童教育学科教授 → 特任教授として教育学部児童教育学科で児童文学を担当

SponsoredLink

 

片桐はいりと、同じ中学、高校の同級生だったそうです。

 

この本を書くにあたって【上橋菜穂子】は、更年期障害に苦しんでいる時に

森の中にいた鹿に引きつけられて、それがタイトルになったと話されていました。

「命を救う事は出来ないが、暮らしをあたたかくすることはできるかもしれない。」

「鹿の王」の執筆に込めた思いをこのように表現された。

 

幼少期の時から、沢山の本に触れ育ったのです。

人生で始めてアルバイトしたのも、書店だったそうです。

「書店の皆さんが、本を読んでくれて、「面白かった」と言って投票してもらえた事が

なによりも、嬉しいです。」と語っていました。

 

お父さんは、洋画家の上橋薫です。

高校3年の時には、マンガ家になろうと思ったいたのですが、作家を目指すことになる。

大学では史学科だった。

 

「鹿の王」は、累計100万部を、突破している。

2014年に、まど・みちおに続く二人目の作家として

2014年3月24日-「国際アンデルセン賞」作家賞を受賞する。

2016年の春から、NHKで「精霊の守り人」がドラマ化される事が決定されている。

 

2015年「鹿の王」-第4回日本医療小説大賞

2015年「鹿の王」-第12回本屋大賞

こちらもよく読まれています