【痛風】の症状は!尿酸値とは?

出典:
www.pakutaso.com


辛い【痛風】

西洋では古くから根付いていた病気になっていますが

日本では、明治以前まではなかったと言われていました。

主な原因は、食生活が欧米化し豊かになった結果なのではな

いでしょうか?

動物性タンパク質、動物性脂質をとりすぎることが取り上げられ

ていますが

気になっているので調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

【痛風】は男性がもっとも多い!

現在【痛風】にかかっている約60万人の患者がいる中

男性の患者数が90%といわれています。

 

年齢別では、40~50歳代が最も多くなっていますが

女性の患者は、閉経後にかかることが多くなるそうです。

 

【痛風】になった人は、痛風にかかっていない人よりも心筋梗塞、脳梗塞に

なりやすくなることが知られているそうです。

 

【痛風】は、肥満、高血圧、高脂血症、糖尿病など生活習慣病も合併しやすく

動脈硬化も進展する為になっているそうです。

 

尿酸は、血液中の濃度になり尿酸値(血清尿酸値・血中尿酸値)といわれています。

尿酸値は一般的に男性が多く、女性には女性ホルモンに尿酸の排泄を促す

作用があるそうです。

 

女性もエストロゲン(一般的には卵胞ホルモン)が減ってくる、閉経後は尿酸値が高くなるそうです。

 

尿酸の元は、プリン体と呼ばれているがこのプリン体は

食物からとるものと、体内で合成されるものがありますが最近の研究では

食品に含まれるプリン体のほとんどは、腸管内で分解されることが判明しています。

 

食べ物から取り込まれるプリン体は、尿酸の全体の20%ほどで

残りの80%は、体内にあるプリン体をもとにしてつくられている。

 

新陳代謝で放出されるプリン体から作られている。

新しい細胞が生まれ、古い細胞がなくなる新陳代謝が常に行われている。

古い細胞がなくなるときに、遺伝子を構成しプリン体が放出し分解され尿酸がつくられる。

コーヒーを毎日飲む人は飲まない人に比べると、痛風の発症の可能性が低くなっているそうです。

コーヒーはとっても身体にとってプラスになるのですね。

 

こちら

SponsoredLink

ご覧ください

大根、ゴボウなど根菜類、かぼちゃ、ほうれん草の緑黄色野菜

ひじきやワカメの海藻類、イモ類は尿酸値を下げる役目をしてくれますので

積極的に取り入れてください。

 

  【痛風】の症状!

尿酸という老廃物の一種が血液中に増え、体の中に溜まりそれが

原因になって激しい発作を起こす。

 

痛みは急にくるそうで、昨日までは普通に生活していたのに

朝起きると、耐えられないくらいの強い痛みに襲われる。

痛風を発症した人の話によると、痛みはカナヅチで殴られるほどの痛みになるそうです。

それ程、辛い痛みになっているのでしょうね。

 

足の親指が痛み、足の甲が赤く腫れあがって痛みで

思うように足を動かすこともできない。

 

治療をしないと、この痛みが3日位続きます。

痛みは日を追うごとに強くなっていき、10日位たつと

何もなかったかのように痛みは消え去るそうです。

 

治療をしないで放置しておくと、半年から1年ごとに繰り返し症状がでて

痛風の痛みの間隔が、短くなっていきさらに辛くなります。

 

関節だけでなく肝臓にも症状が広がり肝臓機能も低下して

尿毒症が起こる可能性もあるそうですから

痛みがある場合は、すみやかに医者に診て貰って対処してください。

 

痛風の要因になっているのは、暴飲暴食、激しい運動の後などに起こると言われています。

 

 【痛風】の検査!

血液検査と尿酸値の測定が一般的になっています。

日にちを変え採取した血液の、平均尿酸値が7.0mg/dl以上であると

高尿酸血症と診断されています。

 

その他の検査は、一日に排泄される尿から尿酸排泄量を調べたり

発作をおこした関節から関節液を採取して調べつ方法もあるそうです。

関節のX線検査、結節部の組織片をとり顕微鏡で検査する方法などがあるそうです。

 

 【痛風】の治療は!

 【痛風】の痛みが有る時は、発作を止めることが一番になります。

 発作がない場合は、血液中の尿酸を減らすことに専念していきます。

 

 

こちらもよく読まれています