トヨタミライ

出典:
www.google.co.jp


【トヨタ・MIRAI】

2014年12月15日に発売した量産型として

世界初のセダン型、燃料電池自動車です。

2014年11月18日に発表された、納車時期は

2015年春頃になっています。

2014年12月5日時点で、約100台の注文が入って

いるのだそうでうす。

 

スポンサードリンク

 

【トヨタ自動車】新型自動車 『ミライ』

水素で走る車で早くも人気になっています。

水素ステーションは、首都圏を中心に行っていくそうです。

 

大阪、愛知、福岡など40カ所を優先的に整備するらしいです。

政府は、民間企業の水素ステーションの整備を支援していく方針だそうです。

そして、2015年度中に100カ所の水素ステーションの設置に力を注いでいくそうです。

 

安倍政権の水素エネルギー転換宣言

2015年1月15日に

首相官邸で、開かれた水素で走る燃料電池車(FCV)第一号の、試乗式

で試乗した安倍総理です。

 

「大変乗り心地もよく、スタイリッシュで、環境にも優しく新しい時代を築くものだ」と

絶賛されていました。

SponsoredLink

 

既に政府は、補助金のの導入や全ての省庁で、燃料電池車を導入する方針を決めています。

ユーザーの負担額が、700万円から200万円減少しています。

 

2015年4月13日の午前に、都内に新設した「水素ステーション」開所式に

出席された、安倍首相「さらに力強く水素革命のアクセルを踏み込んでいく」と

挨拶された。

九州では初の、商用水素ステーションが福岡県北九州に完成しています。

 

三菱重工業と千代田化工建設も海に浮かぶタイプの水素ステーションも開発されています。

安倍政権は、水素エネルギー推進に力を込めています。

準備が出来次第に何らかの方法で、宣言されるのではないでしょうか。

 

水素車一号は、官庁に投入されました。

燃料電池車『ミライ』は、年間700台生産予定で、その内訳は日本で400台

アメリカで200台です。

納期は、約3年待ちだそうです。

 

2014年末に世界に先駆けて発売された『ミライ』の、納期をネット

で発表されました。

 

発売から一週間で1500台売れたそうですが、生産が追い付かない状態

らしいです。

 

税込み価格で、723万6000円

今注文しても、3年後の2018年ですね。

 

『ミライ』は未来になりそうですね。

一般庶民には、とても手が出せそうな金額ではないですね。

こちらもよく読まれています