【東北新幹線】

ゴールデンウィーク初日の祝日を迎え各地の交通機関が混雑する

さなか、福島県内で停電するトラブルが発生しました。

停電の為、4月29日の昼過ぎから、全線が運転を見合わせている。

復旧するのは、午後3時頃の予定になっています。

 

スポンサードリンク

 

【東北新幹線】が停電の為全線ストップする!

【東北新幹線】は29日の午前11時頃郡山市で、架線が切れ停電が発生した。

この為、東京、新青森間の全線が運転を見合わせている。

相次ぐ新幹線によるトラブルが発生しました。

 

山形新幹線は、新庄~東京駅間(上り線)、秋田新幹線は、秋田~東京駅間(上下線)で

運転見合わせている。

 

JR東日本は、停電の直前に郡山駅を発車した上り列車が

現在も駅のおよそ200メートル先で停車中になっています。

乗客550人の方が、線路の上を徒歩で駅までもどったそうです。

 

停電になると、空調やトイレも使えなくなるそうです。

これにより乗客2人の人が、気分が悪くなって病院に搬送されたそうです。

SponsoredLink

大型連休初日に大変なトラブルに巻き込まれてしまった、乗客の皆さんは

疲れ果てましたね。

 

停電の復旧には、4~5時間ぐらいかかる見込みになっているということですね。

この停電の為、JR東日本は運転の再開は、 午後4時頃になるそうです。

原因は、架線トラブルのようです。

 

停車した車両は、 やまびこ、つばさ136号です。

列車内に乗っていた乗客の人は、「暑くて大変だった」と話されていた。

 

新白河~郡山駅間の架線断線の影響で運行見合わせていたが

16:01頃に運転再開しました。

復旧までに、4時間半かかりました。

 

JR東日本によると、東北、秋田、山形各新幹線で上下線合わせて

54本が運休、66本が遅れ約5万9千人に影響が出ました。

 

列車には、遅れ、運休がまだ出ています。

ダイヤの乱れは、午後6時現在も続いている。

駅構内では、多数の乗客の方でごった返しています。

 

飛行機に乗り換える乗客の方、バスに乗る人、出かけるのをやめて

家に帰る人もいました。

 

こちらもよく読まれています