チリカルブコ火山が噴火

出典:
www.google.co.jp

【チリ カルブコ火山】

4月23日12時52分南米チリで、カルブコ火山大噴火

する。

噴煙が上空およそ15キロにまで達している大規模

な噴火が起きています。

チリ政府は、火山から半径20キロ以内の住民には

避難勧告が出されました。

日本への影響は?

 

 

スポンサードリンク

 

【チリ カルブコ火山】が大規模噴火する住民に避難指示!

4月23日12時52分南米チリで、大規模火山噴火する。

噴火したのは、チリの首都サンティアゴから南におよそ1000キロ

程離れた標高およそ2000メートルのカルブコ火山です。

 

現地時間22日の6時頃に噴火したそうです。

チリ政府からの情報は、噴煙が上空15キロまで達している

火口付近からは、噴煙が勢いよく空に向かって立ち上がっている

様子が映し出されている。

真っ赤に染まる空!

 

1万5000メートル離れた場所でも、噴火を確認することが出来たそうです。

SponsoredLink

10k離れた場所にいても、地面が揺れ、大きな音がするなど

影響があったそうです。

恐怖から泣き叫ぶ人もいたそうです。

 

チリ政府は、警戒レベルを最高度に引き上げて、半径20キロ以内の住民

4400人に非難を呼びかけたそうです。

大部分の住民の方の非難を確認したそうです。

 

火山の噴火を目の当たりにした男性の話によると、「当初は、噴火は

小さかったが、どんどん大きくなり巨大な雲のように広がっていった

恐ろしくなった、人生で初めての経験だった」と話されている。

「住民は皆パニックになって、スーパーに行って水を買い求める人や

ATMでお金をおろす人達がいた」そうです。

 

カルブコ火山は1972年以来43年ぶりの噴火だそうです。

チリでは、先月3日にも南部にある別の火山でも大噴火が

起きている。

 

日本への影響は、どうなるのでしょうか?

大噴火による影響は、遅れて出てくる可能性があるそうです。

今後、冷夏になる事が懸念される。

冷夏による、農作物に多大な影響も考えられるそうです。

1、2年後に影響が出る事があるそうです。

 

過去にも噴火の何年後に、冷夏の恐れが出ている。

世界中で、異常気象になる可能性も示唆している。

 

 

 

こちらもよく読まれています