【ためしてガッテン】『舌も踊る』タコの新世界!

出典:
www.google.co.jp

 

【ためしてガッテン】

2015年12月2日(水)、NHK総合午後8時から8時43分まで放送

されます。

世界中で最も多く、タコを食しているのは日本人になっている。

タコは、高タンパク質、低カロリーの食材で知られています。

日本では、スーパで手軽にタコを買い求めることができる

身近な食材になっています。

タコの意外な食べ方を紹介されています。

 

スポンサードリンク

 

【ためしてガッテン】「タコ」の新たな世界を紹介!

2015年12月2日(水)、NHK総合午後8時から8時43分まで放送されます。

再放送は、12月3日(木)深夜0時15分から放送されます。

 

世界で最も多く、タコを食べる日本人も知らない世界が

タコにはたくさんあります。

日本人にとって、「タコ」は切っても切れないそんな関係になっています。

 

日本の瀬戸内海、地中海ギリシャを大調査、驚くべき調理法の

新世界が現れます。

 

タコの新世界を探っていくと、タコの知らない世界がたくさんありました。

タコは、世界各地でも食用されています。

 

特に夏場の「タコ」が美味となっている。

タコにはタウリンが多く、夏場に食べることで夏バテを防ぐことができるため

夏に食べると良いそうです。

 

タコは、真ダコ、水ダコがあり焼いたり、刺身、甘く煮たり

干物で食べることができる。

 

タコは身近に、スーパーで湯でダコ、刺身を買い求めることができる

日常的な食べ物になっています。

 

タコと言えば、一番に思い浮かぶのは大好きなタコ焼きです。

タコ焼きは、身近な味で親しまれていますね。

 

「タコ」の料理は、カルッパチョ、酢の物、刺身、てんぷら

タコ飯、おでんの具くらいでしょうか!!

 

「タコ」は、グロテスクな姿をしているので、苦手なのですが食べるのは

大好きです。

 

「タコ」は、身体にとってもいい食材になっています。

「タコ」には豊富なタウリンに、コレステロール値下げる効果

SponsoredLink

あるそうです。

 

コレステロールを下げる、健康食材として価値が高まってきています。

コレステロールを下げる効果があるので、頻繁に「タコ」を食べるようにしています。

 

 タコの意外な魅力にせまります!

今回【ためしてガッテン】では、10分でタコを柔らかくする裏ワザを

教えてもらえます。

 

瀬戸内海でタコツボの中に入っている、タコを出して編みにいれ捕まえる。

生のタコの切り方ひとつで、3倍の味を楽しむことができる裏ワザも

あります。

吸盤、皮、筋肉と3つに切っていく。

吸盤の刺身、噛めば噛むほど味がでるそうです。

 

瀬戸内海の淡路島は、生のタコを鉄板にのせて丸ごと

焼いていく。

 

東北青森は、タコの腸や白子など内臓を取り出して鍋に入れ煮込んでいくと

道具汁の出来上がりです。

タコの肺も入っている。

12月から4月頃まで、「タコ」の最盛期だからよく食べるそうです。

 

「タコ」は捨てる所がないのですね~

全部食べることができます。

 

スーパーで売っている湯でダコは、たんぱく質が変性しているため

やわらかくなりにくいのですが、生のタコを手に入れることはなかなか難しいです。

 

湯でダコを、10分でやわらかく煮ていく方法です。

 

湯でダコを強火で10分煮て、タコを出汁といっしょに密封袋にいれ隙間には

熱湯をいれていく、魔法瓶で3時間入れて置くだけでやわらかくなる。(電気ポットは使用できない)

  「材料」

湯でダコ 300g

しょうゆ : 大さじ3杯

お酒 : 大さじ4杯

みりん : 大さじ4杯

砂糖 : 大さじ1杯

水 : 400ml

 

  「香」と「食感」でタコを楽しむ!

蒸したタコを、ステーキのごとく香ばしくさせる。

 

ギリシャでは、タコにオリーブオイルを振りかけて

強火の直火で焼くと、タコから焼き鳥みたいな香になっているそうです。

 

焼く前に海岸で、タコを岩に100回たたきつけていましたよ!

岩に叩きつけることで、「タコ」がやわらかくなるそうですぅ

 

こちらもあわせて読みたい

 

こちらもよく読まれています