【台風】6号

猛烈な勢いの台風6号が、11日から12日にかけて

沖縄・奄美近づく予想が出ています。

厳重な注意をするように呼びかけています。

気象庁の観測情報によりますと、10日午前6時にはフィリピンの

東の海上1時間に20キロの速さで、北西に進んでいます。

 

 

スポンサードリンク

 

 

【台風】6号がフィリピンの東の海上を北西に進んでいます。

気象庁の観測情報によりますと、10日午前6時にはフィリピンの

東の海上1時間に20キロの速さで、北西に進んでいます。

中心の気圧は、930ヘクトパスカルで最大風速は、50メートル

最大瞬間風速は70メートル、中心から半径130キロ以内で風速は25メートル

以上の猛烈な風が吹いています。

 

先島諸島では、10日以降次第に波、風ともに強くなるおそれがでています。

11日夜には、大しけになるおそれがあるそうです。

 

猛烈な勢いの台風6号が、11日から12日にかけて沖縄・奄美近づく

予想が出ています。

 

12日の昼前にかけて、沖縄、奄美に接近する見込みです。

12日の昼前に台風の影響で、 住宅12棟が被害にあった

屋根が飛ばされて5人の男女が怪我をされたそうです。

午前11時現在、奄美では電柱が倒れる被害がでて、5600戸が停電になっている。

 

12日午後3時の気象情報によりますと

SponsoredLink

スピードをあげ、四国の高知県に接近している。

上陸の可能性もあるそうです。

非常に強い突風に厳重に注意しましょう。

 

午後三時ごろには、九州、中国、四国は12日には大雨の恐れがあります。

避難場所の確認などもしておく必要があります。

 

台風6号がもっとも接近する12日には、大荒れの天候になるので、早めの対策をして

雨、風の強まった場合には、外出を極力抑えて万全の対策を心がけましょう。

 

風に飛ばされやすいものなどは、早めに家の中に入れて置きましょう。

雨、風がひどくならない内に、食料を買いだめして置くなど、準備しておきましょう。

 

12日には、全国的に雨になる見込みです。

特に九州から関東は、太平洋側を中心に大雨になる所がある見込みです。

 

13日には、関東や東北、北海道も雨の残る所があるそうです。

台風の進路や、前線の位置などが変わる恐れもある為に、雨の降り方

風などには充分な注意が必要になるようです。

 

台風7号は、ゆっくりとした速度で、北北西に進んでいて、気象庁は付近を航海する

船舶に注意を呼び掛けている。

 

気象庁は、高波に注意をするとともに、厳重な警戒を呼び掛けている。

今後の台風情報にも充分注意しておきましょう。

 

 

こちらもよく読まれています