秋の花【シュウメイギク】の育て方!動画秋の花【シュウメイギク】

日本原産の花ではなくて、古い時代に中国から来て野生化した

ものと言われています。

花の時期は、9月から10月の秋に咲き始めます。

草丈は、50cmから1mで、地下茎を良く伸ばして広がっていきます。

草丈が長いので、切り花としても重宝する花です。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 秋の花【シュウメイギク】(秋明菊)の育て方!

本州や、四国、九州の山野や里山に自生して、毎年花を咲かせる宿根草です。

漢字では「秋明菊」と書きます。

 

名前に菊とありますが、菊科ではなく、キンポウゲ科でアネモネの仲間です。

名前の通り、秋真っ盛りの9月から10月に花を咲かせます。

「ももいろブーケ」ともいわれています。

 

わが家でも、毎年秋には白い【シュウメイギク】が咲いてくれます。

ほとんど手入れすることなく、簡単に育てることが出来ます。

 

草丈も50cmから1mと、地下茎を良く伸ばして広がっていきます。

伸ばしたくない場合は、ランナーを切って修正してください。

 

直射日光が、あまり当たらない木陰などに植える方がいいでしょう。

花に比べると、葉は大きくりっぱです。

茎は途中で枝化されて、その先端に花を咲かせます。

 

冬には、茎葉が枯れて春になって芽吹くまで休眠します。

花色は、白、濃いピンク、淡いピンク、紅などの色があります。

 

花後の手入れは、花軸だけを切り取ってしまいますが

SponsoredLink

大きく育って邪魔な時には、花茎の付け根から切り戻しておきます。

 

9月上旬、シュウメイギク(写真)が咲きました。奥には玉すだれも咲いています。

沢山次からつぎに咲いて庭を華やかにしてくれました。

 

  • 開花時期 : 8月から10月
  • 植え付け、植え替え時期 : 3月から4月
  • 肥料の時期 : 9月から10月
  • 草丈 : 50~60cm
  •  水やり : 水を好む
  • 難易度 : 初心者向け

 

こちらを

ご覧ください

 

こちらもあわせて読みたい

こちらもよく読まれています