【睡眠不足】が体に及ぼす悪影響!

出典:
http://www.irasutoya.com/

 

【睡眠不足】

【睡眠】が、人間に体に大切な事は誰でも

知っています。

質の高い「睡眠」をとりたい。

眠りたいのに、寝れない人は

日本人の5人に1人がそんな悩みを持っているそうです。

 

 

スポンサードリンク

 

【睡眠不足】で悩んでいる!

【睡眠不足】で充分に休養がとれないと悩んでいる人の多くは

20から40歳代の働き盛りの人に最も多くなっています。

 

忙しくて、十分に睡眠がとれない理由が最も多くなっています。

家庭、職場、学校などでストレスを感じている生活を送っている。

今や生活習慣病の一つと言ってもいいかもしれません。

 

生活習慣や、生活リズムの乱れなストレスなどの影響で不眠に悩んでいる方が

本当に増えているようです。

 

 【睡眠不足】解消法!

  • 寝る前のストレッチとマッサージが効果的!

血行がよくなることで、寝つきがよくなるのではないでしょうか。

精神的、肉体的にもリラックス効果をもたらして、快適な睡眠につながるのではないでしょうか。

 

  • 就寝前のお風呂がおすすめです。

自律神経「副交感神経」優位になって、より良い睡眠を期待できます。

人間の体は、体温が高い状態から、急激に下がると眠気を誘います。

 

  • 睡眠の質を高める行動

就寝3時間前までには、食事を済ませる。

消化にエネルギーが必要になってきますので、睡眠の質が下がってきます。

SponsoredLink

 

寝るときの寝具は、布団の上にモーフを掛けると熱を閉じ込めることができ暖かい。

モーフをかけてその上に布団をかけて、寝ている方のほうがおおいのではないでしょうか?

 

自分もモーフを先にかけて寝ていました。今からは布団を先にかけてモーフを最後に

掛けて寝てみます。

照明も暗闇にするより、目に入らない間接照明がいいそうです。

 

  •  枕にも原因がある場合があるそうです。

自分に合った枕選びも、必要になってきます。

枕を変えることで改善されることがありますが、買うことができないので

自分で手作りをしていく。

 

玄関マットは堅くて安定性がある。

用意するものは、玄関マット、タオルケットです。

 

玄関マットを3つに折る、タオルケットも3つに折る。

 

タオルケットの枚数で細かく微調整できる。

おでこ、鼻、アゴが床と平行になるよう高さに作っていく。

高さの合った枕を使うと、首の骨が一直線に揃っている。

 

枕が合わないと、寝返りが一度で出来ない。

 

 【睡眠不足】が体に影響!

【睡眠不足】も慢性化すると、健康状態に支障をきたします。

寝不足からくる、イライラ、思考能力の低下するなど症状がでます。

 

疲れて、睡眠不足を感じたら多少の時間でもいいので、適度な

昼寝(30分)などをお勧めします。

少しの睡眠でも、脳がリフレッシュされてスッキリします。

 

寝れないと、本当につらいですね。

寝ようと焦れば焦るほど、ますます目が覚めてきます。

 

こんな時は、無理に寝ようとしないで、眠たくなったら

寝ればいいと、気楽に考えてみてください。

意外に寝れるものです。

 

 

こちらもよく読まれています