失敗を成功に導く方法

出典:
www.google.co.jp

【失敗】は『成功』の元

失敗から成功が始まるのです。

【失敗】を恐れずに、笑って吹き飛ばせ

4月から、始まる新社会人、新入生新しい人生の始まる月でも

あります。

本気で【失敗】をなくす方法を紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

【失敗】を『成功』に導く方法は!

  • 【失敗】の原因をきちんと杷握する。

NHKのサキどりで、紹介された大手IT企業

これまでの、人の上で管理していたものが、電気設備の管理すべてを

コンピューターが管理するシステム作り、赤字の原因を関係部門の

代表者が究明するも、原因にたどり着く事は、至難の業です。

 

開発工程はすべてがパソコンの中に入っている為、分業が高度に進んで

複雑多岐に渡るために、本当の失敗の原因を追究するのは、至難の業でした。

このような失敗を抱えているIT業界全体は、約7割が、失敗に終わるデーターもあります。

品質や、コストや納期など、原因も様々です。

 

そこで、一つの図であらわすのが、「IT版、失敗原因マンダラ図」です。

3つの領域に分類したのが、「プロジェクト」がそのものが原因になったもの

「組織」や人間関係によるもの、「個人」に起因する失敗です。

 

それぞれの【失敗】を分析していくと、「個人」の領域では、「無知」「不注意」

「誤判断」「手順の不順守」の4つになるそうでうす。

「不注意」は、たんなる「「注意不足」と「疲労、体調不良」などが、多く考えられます。

 

  • 【失敗】には、「良い失敗」と「悪い失敗」がある。

従業員130人の金属加工会社医療機器、航空機の精密部品、扱っている商品は

1万点です。

最近では、自社ブランドの商品かも進め昇降棚国内シェア7割と誇っています。

年商は、55億円創業以来35年間ずっと右肩上がりで、黒字経営になっています。

SponsoredLink

その功績は、社長の城岡陽志のモットーは、チャレンジ精神です。

そのチャレンジ精神の為に、社員が招いた大失敗で、経営事態が困難になったこと

もあったそうです。

 

初歩の確認を起こたった為に、5000万の大損害を会社に与えた社員がいる。

その額は、会社の1年分の利益に相当する額だったのです。

その社員は、首を覚悟したそうですが、社長の城岡陽志は、そもそも自分が

チャレンジ精神を植え付けた為に起こってしまった失敗だったのです。

そこで、考え出したのが、「大失敗賞」、副賞は、賞金2万円です。

ピンチをチャンスに変えて、もう一回めげずに頑張ってほしい

失敗に強い組織になった。

成長の種は失敗にこそあり

社員の次のステップにつなげる

 

こんな会社で働きたいです・・・

社長の城岡陽志も大変心の大きな方なんですね。

頭が下がります。

普通の会社では、失敗したらその額を本人に支払いさせる、解雇するなど

当然のようにしていますよね。

失敗する事を前提に仕事をする人は、誰もいないと思います。

その事を責めることなく、前向きに考えてくれる、そんな会社はきっと

この先、繁栄されること、間違いないですね。

 

 

 

  •  【失敗】は、客観的に振り返ろう

  • 我々は何をやろうとしたのか

(内容、目的を振り返り、共通認識する)

 

  •  実際には何が起きたのか

(証言、記録を多角的に検証して、事実判定をおこなう。)

 

  •  なぜそうなったのか

(責任追及はしない、原因究明に集中する、地位にこだわらない平等に発言する)

 

  • 次回なすべきことは何か

(失敗の原因を理解する、自分たちの出来る範囲で対策を考える)

 

 

 

【失敗】をしても、決して落ち込まないでください。【失敗】は誰にでも多かれ

少なかれ経験するものです。

【失敗】をバネにして次の目標に向けて頑張る!

これだけでいいのです。

【失敗】がなければ、成功する事もないのです。

 

 

 

 

 

こちらもよく読まれています