節分 2015 方角

出典:http://www.irasutoya.com/

もうすぐ『節分』です。

『節分』は、なぜ行われるのでしょか?

また今年の恵方巻きの方角は!

どの方角なんでしょうか?

その疑問を調べてみました。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 『節分』は、各季節の始まりの日2月3日(金)です。

節分は立春の前の日(季節を分ける)を意味している。

 

大寒の最後にあたるため、この日が寒さのピーク

になるそうです。

 

 『節分』恵方巻きの方角は?

歳徳神(その年の福徳を司る神)の在する方位を恵方または、明の方と言い

その方向に向かって事を行うことが、吉になり

幸運を招くそうです。

 

恵方は毎年変わります。今年(2017年)の恵方は北北西

方角です。

 

恵方をむいて太巻き寿司を、まるかぶりします。

太巻き寿司を鬼の金棒に見立てて鬼退治に見立てる説もあるようです。

 

巻きずしにこだわらない人がいるように、正確な恵方に

こだわらない人や、正確な方位を知らない人もいるみたいです。

 

 『節分』 は、なぜ行われるのでしょうか?

節分には、邪気を追い払うために、古くから豆撒き

の行事が執り行われます。

 

鬼に豆を投げることで、邪気を追い払い一年

無病息災を願うのだそうです。

 

邪気を追い払うのには、ヒイラギに(トゲがあり鬼の目を刺し門口から入れない)

イワシの(イワシの臭いがきついので鬼を誘い出してヒイラギで退治する)

頭を刺して玄関などに飾るところもあるみたいです。

 

節分 2015 方角

出典:http://www.irasutoya.com/

豆撒きは、一般的に「福は内、鬼は外」と声を出して

家長たる父親、もしくは、年男が声を出して豆を撒き

鬼を追い払っていきます。

 

豆を撒いた後で、歳の数(一つ多く)豆を食べて

邪気を追い払って厄徐を行う。

 

豆は地方によっては、落ちても皮がついていて汚れない

落花生を使う地方もあるそうです。

 

かつては、豆のほかに米、麦、かちぐり、炭なども

使用されていたようです。

 

子供の頃は、『節分』の日に、友達、兄弟達が集まって

電気を消して、豆といっしょに、飴、小銭などを、親に撒いてもらい

 

皆で、「きゃあきゃあ、わいわい」言いながら、それはそれはにぎやかに

競争しあって、かき集め遊んだ事がいまでも心に残る楽しい

思い出になっています。

 

子供って、そんな些細な事で喜ぶんですね。

本当に、楽しい『節分』の思い出でした。(小さな子供は、危ないからこれは

ダメですよ!)

楽しみながら、邪気を払い一年の無病息災を祈ったわけですね。

 

今年は、オリジナルの儀式で、『節分』を楽しんで

みる方法は、どうでしょうか?

 

きっと自分たちだけの、楽しい『節分』になると思いますよ!

 

 『節分』!の時期になると、スーパーでは、節分コーナーが!

特設コーナーを設けていて、その中には

升の中に豆が入っている物、豆といっしょに鬼のお面が入っている物など

種類も豊富に。取り揃えているお店が数多くあります。

SponsoredLink

 

まとめ

      1.  2017年の節分は、2月3日です。
      2. 恵方の方角は、北北西です。
      3.  一年の無病息災を願って豆を撒く。
      4. 邪気を追い払う意味で執り行なわれるのが節分です。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

まるごと越前!蟹巻き寿司 1本【楽ギフ】【恵方巻】【711294】
価格:1900円(税込、送料別) (2017/1/9時点)

 

 

こちらもあわせて読みたい

 

こちらもよく読まれています