【サルビア】【サルビア】育て方!日々の管理と切り戻し方は?

宿根草から一年草など種類が豊富になっています。

5月~10月頃まで花を楽しむことができます。

暑さに強く育て方も簡単です。

涼しくなる秋には、色がいっそうはえてきます。

花壇でよく見かける花になります。

 

 

スポンサードリンク

 

【サルビア】の育て方!

赤い「サルビア」の花を花壇に植えてみました。

グリーンの多い庭に、赤色が映え一段と輝いています。

 

「サルビア」は、温帯、亜熱帯、熱帯地に約500種類以上

分布しているそうです。

【サルビア】育て方!日々の管理と切り戻し方は?

  『植えつけ』

「サルビア」は、日当たりの良い場所に植え付けると

花付がよくなりますが、夏の直射日光は苦手なので

半日陰が適しているそうです。

 

  『水やり』

土の表面が乾いたらタップリ与えます。

水キレになると、生育が悪くなり葉っぱが枯れる原因になります。

乾燥には注意が必要になります。

 

  • 草丈 : 30~100cm
  • 耐寒性 : 弱い
  • 耐暑性 : 強い
  • 花色 : 赤、ピンク、白、紫、複色
  • 開花時期 : 6月~11月

 

 「用土」

鉢植えにする場合は、市販の花用の培養土を使用するか

赤玉土と腐葉土で土づくりをして植えつけます。

「サルビア」は花の時期が長いため、元肥が必要になります。

 

 「剪定・切り戻し」

「サルビア」の花が咲き終わったら剪定をします。

葉っぱが5枚以上付いて入る個所で花穂ごと切っていきます。

 

秋にしっかり花を咲かせるため、8月頃に全体の半分位の箇所で

切り戻しをおこないます。

9月以降は切り戻しをしない様に、早めに剪定を行います。

秋以降は、花がら摘みをしていきます。

 

 ピンクの宿根草の「サルビア」下記から購入できます。

SponsoredLink

 

 

黄色の「サルビア」可愛いです。

下記から購入可能です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

■宿根草■NEW!サルビア マドレンシス10.5cmポット苗
価格:408円(税込、送料別) (2018/5/29時点)

 

こちらもよく読まれています