【パキラ】空気清浄効果がある観葉植物!

出典:
www.google.co.jp

      【サンスベリア】

多肉植物の細長く伸びた葉っぱが特徴的です。

アフリカや南アジアの乾燥地帯が原産地で

暑さと乾燥には強く、初心者向けの育てやすい観葉植物になります。

一日に数時間日に当てるだけ、日の光があまり当たらない場所でも

育つ耐陰性です。

 

 

スポンサードリンク

 

【サンスベリア】の育て方!

アフリカや南アジアの乾燥地帯が原産地の

多肉植物の観葉植物になります。

 

和名は「トラノオ」(虎の尾)って言うんですって。

そう言って見れば虎のしっぽに見えてきました。。。

 

上に伸びる細長い葉っぱは、空気清浄効果がある観葉植物になっています。

育て方も簡単で初心者向けです。

 

 

品種によっては、異なった太さと色合いがありますが

シマ模様の葉っぱは同じです。

 

シマ模様の葉っぱが特徴的な観葉植物で

園芸店良く見かけます。

和室、洋室、何処でも場所を選ぶことなく

オシャレに置くことができます。

 

乾燥には比較的に強い為

水の与えすぎは、根腐れを起こす原因になります。

春~夏の良く生長する時期は、鉢の土が乾いたら鉢の底から

出るくらいタップリ与えていきます。

気温が10℃を切ったら、水やりは必要ないそうです。

 

肥料は5~9月の生長する時期に、液体肥料を2~3週間に1回

与えます。

化成肥料は、2ヵ月に1回程度与えます。

 

  「植え替え時期」

 【サンスベリア】は、2~3年に1回植え替えが必要になります。

5~6月、10月に植え替えします。

何年も同じ鉢に植えていると、根詰まり(根がいっぱいで呼吸ができない状態のこと)で

枯れる原因になります。

鉢底から根がのぞいていたり、水が染み込まない時は植え替えの時期になっています。

 

【サンスベリア】を増やしたいときは、株分けの方法があります。

植え替えの時期に株分けでふやしていきます。

SponsoredLink

 

 

 

 

 

 

こちらもあわせて読みたい

 

こちらもよく読まれています