【サングラス】の選び方!自分に似合う形は?【サングラス】には

形、色が数多くあり、種類も豊富なので迷ってしまいます。

紫外線から目を守り、シミにも効果がある。

自分に似合ったサングラスを選びたい!

サングラスを選ぶとき、知っておくと便利な情報を

調べて紹介しています。

 

 

スポンサードリンク

 

【サングラス】を選ぶときの注意点!

形選びは、顔の輪郭と逆のパタンのフレームシェイプを心がける。

丸い顔立ちの方は、エッジの有るもの

三角顔、四角い顔の方は、丸みの有るものなどおススメです。

 

サングラスが似合っている人カッコいいですね。

自分の顔形を知って似合ったものを、買っているのでしょうね。

 

   『ウェリントン』 

どんな人にも似合う人気のフレームです。

顔かたちを選ばず掛けやすい。

【サングラス】の選び方!自分に似合う形は?

出典:
www.google.co.jp

 

 

 

 

 

   『フォックスフレーム』

キツネの目のような斜めに吊り上ったフレーム

輪郭をシャープに見せることもできます。

【サングラス】の選び方!自分に似合う形は?

出典:
www.google.co.jp

 

 

 

 

 

   『オーバル』

優しいイメージで女性の人におススメです。

オーソドックスでかける人を選ばず、どんな服装、髪型にも合う

始めてのかたも、安心してかけることができます。

【サングラス】の選び方!自分に似合う形は?

出典:
www.google.co.jp

 

 

 

 

 

  『ボストン』 

フレームの上下の幅が広く、丸みがありかけやすく

シャープな印象になりにくいので一般的です。

【サングラス】の選び方!自分に似合う形は?

出典:
www.google.co.jp

 

 

 

 

 

目を常に守ってくれるサングラスは

SponsoredLink

これからの季節、必要不可欠になってきます。

 

紫外線の量が多く、目にとっても影響がでてきます。

「雪目」と言われる「雪眼炎」を引き起こすそうです。

 

目を防護せずに長時間、紫外線を浴びると

一時的に角膜の炎症を引き起こし、後から目が

開けられないほど強い痛みを感じるそうです。

 

この様なトラブルを防ぐためにも、紫外線の量が多い夏場には

サングラスをかけて、目を紫外線から守っていくことが大事になります。

 

外出時には、必ずサングラスをかけています。

色の濃いレンズは、光線の透過率を低下させ、目の瞳孔が広がって

隙間から大量の紫外線を、浴びてしまうリスクがあるそうなのでお勧めできません。

 

顔の形に合った、目が全体に覆われる幅の広いサングラス

紫外線カットされているものを選んで下さい。

 

目から紫外線を浴びると、体内に日焼け、シミの元になるメラニンが

発生するそうです。

美容の為にも、サングラスは必要になります。

 

サングラスをかけるようになって、なんだかシミが

薄くなったような気がしています。

 

 

 

こちらもよく読まれています