『サンマ祭り』が各地で開催!秋サンマに含まれる栄養は?

出典:
www.google.co.jp

 

【秋サンマ】

の季節になってきました。

各地で『サンマ祭り』が開催されている。

サンマは外洋性の魚で、大群で泳ぐ事でも知られています。

8月中旬から下旬にかけて、漁獲が解禁になり9月頃からは安くて

脂がのった美味しいサンマが人気になっています。

 

 

スポンサードリンク

 

 

【秋サンマ】が旬でとっても美味しい!

秋の味覚の【秋サンマ】!!

秋刀魚(サンマ)は水温が低い場所を好む回遊魚です。

8月頃までは、千島近海を泳いでいますがこの時点では脂ものってなくて

やせていますが、9月頃になると南下し始めて脂がのってくるので大変おいしくなります。

 

栄養価も高く、値段も手頃となっていることから人気のある魚になっています。

とっても美味しいです。

 

 各地で、サンマ祭りが開催されています。

 

開催日 :  2015年9月14日(日)  「目黒のSUNまつり」  

雨天決行   

東京「目黒のさんま祭り」「ふるさと物産展」「子ども広場」

4つのイベントが、同じ日に開催され地元の方だけでなく周辺の地域

からも多数の訪れて賑わっています。

 

「目黒のさんま祭り」は特に人気になっていて、目黒区の友好都市の

宮城県気仙沼市から届く、新鮮なサンマ5000尾を炭火で焼いていき

カボス(大分県臼杵市産)を添え無料配布されるそうです。

当日の目黒川沿いには、行列ができるほどの賑わいになるそうです。

 

開催日 : 9月12日(土)・13日(日) 「マリンパル女川おさかな市場さんま祭り」

時間 : 午前10時~3時

場所 : 宮城県牡鹿郡女川町浦宿浜字篠浜山2番地

交通 : 三陸自動車道 石巻河南ICより車で約25分

SponsoredLink

駐車場 : 無料(50台)

 

女川港の生サンマを格安に販売しているそうです。

炭火焼のサンマ(有料)で販売しています。

生鮮魚介類、水産加工品なども安く販売しているそうです。

 

市場特製の、サンマのすり身汁を無料で提供されています。

荒天や水揚によりイベントの内容が、変更されることもあるそうです。

 

開催日 : 2015年10月4日 (サンマまつり)

時間 : 午前11時から午後5時

会場 : 真宗大谷派、難波別院(南御堂)

無くなり次第終了になっています。

 

東日本大震災の被災地、岩手県大船渡市でとれたの旬のサンマを

大船渡港から直接届くそうです。

 

炭火で焼いたサンマを食べることが出来るそうです。

三陸で水揚されたサンマを食べて、東北の漁業を応援しませんか。

 

サンマは無料で食べることが出来るのですが、被災地支援の為に

一人200円以上の寄付を募っているそうです。

 

今最も旬で、脂ののった【秋サンマ】

食卓でも【秋サンマ】が定番になっています。

ご飯がすすむので、体重計に乗るのが怖い・・・

 

脂がのっていて、捨てる所がないサンマは人気になっています。

江戸時代から、大衆漁として多くの人に親しまれてきました。

 

必須アミノ酸をバランスよく含んでいて、良質のたんぱく質、貧血防止にも

効果がある鉄分、粘膜を強くするビタミンA、カルシウム、ビタミンDも多く含まれています。

育ち盛りの子供、年配の方には特におすすめ!!

 

コレステロール、肝臓強化にも優れているタウリンも多く含まれています。 

サンマの脂には良い効きめがあるので、特に脂を落とさないように気をつけて焼いてください。

 

今年はサンマが少なく、少し小ぶりになっているそうです。

回遊してくるサンマをとらえるのですが、台湾などが先に漁獲している為に

 

日本の捕獲量が減り続けて大きさも小さくなっている。

去年は、 1匹100円 今年は、1匹150円と値段も高くなってきている。

こちらもよく読まれています