最新速報【東海道新幹線】

30日昼前に、東京発大阪行の東海道新幹線のぞみ225号を

走行中、車内で火災が発生する。

乗客の男女2人の死亡が確認される。

列島の大動脈で起きたまさかの事件に動揺する。

今後、新幹線のセキュリティが厳しくなるのでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

最新速報【東海道新幹線】

30日昼前に、東京発大阪行の東海道新幹線のぞみ225号を

走行中、車内で火災が発生する。

乗客の男女2人の死亡が確認された他、総務省消防庁によりますと

重軽傷が20人程いるということです。

 

16両編成で、およそ800人の乗客が乗っていた。

男の乗客が、油のような液体をかぶり、火をつけたという目撃情報があり

警察が詳しい状況を調べています。

乗客が焼身自殺か?

 

30日午前11時半頃、東京発大阪行の東海道新幹線のぞみ225号が

走行中に車内で、火災が発生がおき、新横浜と小田原の間、小田原市上町の

下り線で停車しました。

 

警察によりますと、この火災で男性の方一名が死亡したそうです。

心肺停止になっていた乗客の女性一人の死亡も確認されました。

女性の方が巻き添えでなくなってしまいました。

 

乗客の男女2人の死亡が確認された他、総務省消防庁によりますと

重軽傷が20人程いるということです。火はすでに消し止められています。

 

警察によりますと、目撃した乗客の話では、男が先頭車両で白いポリタンクに入った

SponsoredLink

油のような液体を周囲にまいた後に、自分も液体をかぶり、ライターで自分に火をつけた

ということで、当時の事を詳しく調べています。

 

JR国土交通省に入った連絡によりますと、1号車の先頭と2号車に近い所の

2カ所に乗客の乗り降りするデッキがあり、それぞれのデッキに一人ずつ倒れていたそうです。

この内、先頭近くのデッキで、倒れていた男の乗客は、油にまみれた状況で乗務員が消火器を

使って消火にあたったということです。

 

2号車近くのデッキにも、女性が倒れていて見つかる寸前に、近くにあるトイレで

大きな音がしたという情報が入って入る。

 

国土交通省によりますと、停止している車両は自力で走行できる状態ですが

警察の現場検証の為に乗客を乗せたままで、小田原駅まで移動させる

予定だということです。

 

乗客はおよそ1000人で、小田原駅まで移動させた後降ろすそうです。

この影響で、東海道新幹線は上下線とも運転を見合わせている。

上下線43本

運転を見合わせていた、東海道新幹線は午後2時半頃に運転を再開したそうです。

今、現在原因は、わかっていません。

 

最新情報です。油をかぶったのは、71歳の男性の焼身自殺だったそうです。

テロではなく、今の所男性の焼身自殺だということです。

テロの可能性は大分薄くなってきているそうです。

 

約9万4000人に影響を及ぼしたそうです。

記者が見た混乱の車内が写り出されている。

記者が写した一号車は、煙がスゴイ!

車内には、熱がこもっている。熱い!

 

 

こちらもよく読まれています