【ローソン】カラアゲくん活躍!廃油を電力に変える

出典:
www.google.co.jp

【ローソン】

コンビニで「からあげクン」など店頭で揚げ物から調理して出る

廃油を電力に変える「バイオマス発電」に取り組むことが分かった。

大手コンビニの【ローソン】が太陽光発電などと組み合わせると従来の電

気を約7割減らせる取り組みをされる。

2月5日「バイオマス発電」の1号店は、兵庫県姫路市の「夢前(ゆめさき)スマートインター前

店」で開くことがわかった。

 

 

スポンサードリンク

 

【ローソン】の「からあげクン」活躍!

コンビニで「からあげクン」など、店頭の揚げ物から調理して出る廃油を

電力に変える「バイオマス発電」に業界初の取り組になる。

 

2月5日「バイオマス発電」の1号店、兵庫県姫路市の「夢前(ゆめさき)スマートインター前

SponsoredLink

店」を開くことがわかった。

 

姫路市の「夢前(ゆめさき)スマートインター前店」では、電気使用量がもっとも

多くなる午後1時から5時に「バイオマス発電」を使っていき、店の消費全力の

2割をまかなっていく。

 

屋上の太陽光パネル、省エネ型の冷凍冷蔵庫と組み合わせ電力会社からの

電力を約7割減らせる。

 

「バイオマス発電」とは(動植物などの生物から作る有機性のエネルギー資源

一般に化石燃料を除くものの総称)

 

バイオマス燃料を燃やすことでタービンを回して発電機を動かして発電していく。

 

全国5万店を超える大手コンビ二は、24時間営業の所がほとんど

日中問わず営業のため電気は必要不可欠、電気は重要な役割をはたしているのですが

大変な電力を使っている。

 

約1万2.000の全店には省エネのLED照明に替えて使っているそうです。

 

太陽光発電を使う店も、約2,000店舗に導入している。

全国の店舗からの廃油を回収、バイオマス発電を他店にも伝えていく考えがあるそうです。

 

 

こちらもよく読まれています