ローダンセマム【アフリカンアイズ】植え替え!  ローダンセマム【アフリカンアイズ】

真っ白な花の中央は茶色で、マーガレットの花によく似て

可愛い花を沢山つけて咲いています。

春先から初夏まで、楽しむことができる草花で

寒さには比較的強い花ですが、夏の多湿によっては

弱ることがあるそうです。

 

 

 

スポンサードリンク

 

ローダンセマム【アフリカンアイズ】育て方!

北アフリカ、スペインに「ローダンセマム」は10種類が分布する

キク科の草花になります。

葉は、シルバーリーフとして楽しむこともできます。

 

花の時期は3月~6月で、花茎が長く

切り花として、部屋に飾って楽しむことができます。

 

氷点下の寒さにも強く、-5℃まで耐えることができ

耐寒性に優れていますが、霜に注意が必要になってきます。

買って帰ってすぐに地植えをしましたが、元気がなくなって

萎れて来ていますので心配です。。。

 

朝晩まだまだ寒く、気温が下がるのが原因なのでしょうか?

暖かくなるまで、軒下、室内で管理されるのが無難ですかね。

夏の暑さには、弱く一年草扱いされることもあるそうです。

下の写真は、ローダンセマム「アプリコットジャム」です。

「アフリカンアイズ」と一緒に購入しました。

 

ローダンセマム【アフリカンアイズ】植え替え!

 

  • 科名 : キク科
  • 属名 : ローダンセマム属
  • 原産地 : モロッコ
  • 花の時期 : 3月~6月

 

 「植え替え」

暖かい地域では、夏の暑さに弱いため

鉢植えにして、涼しい場所に移動できる方法がおススメです。

秋の10月頃に植え替え、春は3月頃に植え替えしていきます。

 

  「水やり」

地植えの場合は、水やりは特に必要ありません。

乾燥に強く、過湿には弱いため土の表面が乾いたら与えて下さい。

鉢植えの場合は、受け皿に水を残したままにしないでください。

花、つぼみに水をかけないように、根本に与えていきます。

 

 「ふやし方」

挿し木で増やすことができます。

時期は、3月~5月 9月~10月頃が目安です。

5cm位の長さに切り、水揚を15分位します。その後

挿し木用の土に挿していきます。

 

 

 

 「切り戻し」

花が終わり、梅雨の前6月~7月頃に切り戻しをおこなって

蒸れを防ぎます。

切り戻した、枝は挿し木に使うことができます。

茎の5cm程残して、切ることで過湿を防ぎ暑い夏を

越しやすくなります。

花柄は、花茎の元から切り取っていきます。

 

 「肥料」

夏は、肥料は与える必要はないそうです。(生育が止まっている)

2月~5月、10月~11月に緩効性の肥料を一カ月に一回与えます。

SponsoredLink

 

 

 

 下記からローダンセマム【アフリカンアイズ】購入できます。

 

 

ローダンセマム「アプリコットジャム」購入できます。

ピンクの花がとっても可愛いですよ。

 

 

こちらもよく読まれています