ペンタス初心者向け育て方【ペンタス】

初夏から秋まで長い時期、花を楽しむことができ病害虫もほとんどなく

暑さにとっても強い、育てやすい初心者向きの花になります。

寒さには、弱い花になり冬には枯れてしまう一年草になります。

分岐性も良くボリュームがあるので、大変見栄えがする花で寄せ植えに

も適しています。

 

 

スポンサードリンク

 

【ペンタス】の育て方!

  •  日常の手入れ

花が咲き終わった茎は、先端から2節下を切り戻します。

この作業を怠ると、栄養が種にとられ枝も伸びすぎ形が悪くなります。

切り戻した株は、元気になり次々に花をつけていきます。

 

 

うだるような暑さの中、ひと際涼しそうな姿の【ペンタス】です。

小さな花が、ところせましとたくさんついて、咲いてくれるのも魅力的です。

白い花の【ペンタス】は特に清涼感、清潔感があふれています。(スゴクすずしそうでしょ~)

 

今までは、苗を買ってきてはなんとなく花を植えていました。

パソコンで調べて管理することで、こんなに花がついて

元気に咲いてくれています。

 

きちんと管理する事で、花本来の姿を楽しむことが出来ました。

この暑さが過ぎたら、今度は挿し木してふやす事にも

挑戦してみたいと思っています。

【ペンタス】の挿し木は、初めてするので楽しみです。

 

今回植えた【ペンタス】の成長を、つづけて楽しんでいきます。

 

  •  置き場所

日当たりの良い場所が適しています。

暑さに強い花になりますので、日陰では花付も悪く茎が間延びします。

SponsoredLink

 

  • 水やり・肥料

加湿にすると、根腐れを起こして枯れる事があるので、状態を見て水やりします。

夏の暑いときは、朝夕2回水やりしていますが、やり過ぎないように配慮しています。

肥料は、花が次々に咲いている時には、2週間に1回位であたえています。

 

  • 用土

水はけのよい土が好ましいので、赤玉土5、腐葉土3、バーミキュライト2の割合で

混ぜた物を使用します。

花の土でも、簡単に育てることができます。

 

  • ふやし方

挿し芽で簡単に増やすことができます。

挿し芽の時期は、5から6月、9から10月

 

気温が高い方が付きやすいのですが、真夏はさけたほうがいいでしょう。

水分の蒸発が、激しいので芽が出る妨げになります。

 

ペンタス育て方とふやし方白と赤を植えてみました。

元気が良くて茎もしっかり伸びています。

 

       002

こちら動画を

ご覧ください

 

和名 : クササンタンカ

科名 : アカネ科

属名 : クササンタンカ属(ペンタス属)

開花時期 : 5月から11月

植えつけ : 5月

形態 : 低木

花色 : 白、ピンク、赤、紫

剪定 : 4月から10月

 

こちらもよく読まれています