額賀澪 24歳の新人作家W受賞

出典:
www.google.co.jp

 

【額賀澪】(ぬかが・みお)

行方市出身の若手小説家の【額賀澪】(ぬかが・みお)が

「第22回松本清張賞」と「第16回小学館文庫小説賞」『ヒトリコ』をダブル

受賞されました。

「松本清張賞」受賞作は『屋上のウインドノーツ』で自身の出身校「麻生

第一中学校吹奏楽部」での活動が主となった青春小説になっています。

 

 

 

スポンサードリンク

 

【額賀澪】(ぬかが・みお)がW受賞する!

「第22回松本清張賞」に『屋上のウインドノーツ』が選ばれました。

21日に東京都内でおこなわれた会見で「この賞の名前に恥じないように

頑張っていきたい」と喜びを語っている。

 

24歳で華々しいデビューされた今最も注目される

新人作家【額賀澪】(ぬかが・みお)です。

贈呈式は、7月上旬に東京都内で開かれる。

 

茨城県行方市、全国高校文芸コンクールで優秀賞を取ったのを

きっかけに「物書きになりたい」との思いを固められました。

日大芸術学部文芸学科に進んだ。

 

現在、都内の広告代理店に勤めながら執筆を続けている。

松本清張賞への応募は初めてです。

 

大学の恩師からは、「自分のルーツを探れ」との助言を受け

吹奏楽部で、打楽器を担当していた中学時代の体験を書いていったそうです。

 

今後については、「これまで作品の主な登場人物は、私と一緒に歳をかさねて

きたようなところがあるので、次は社会人の物語を書いていきたい」と胸の内を語っている。

2作品とも、中高生を描いた青春小説になっている。

 

  『屋上のウインドノーツ』 一部作品の紹介

「みんなとつながることができない」私立中学3年生の給前志音(きゅうぜん・しおん)

これまで勉強にスポーツ、人間関係さえ唯一の友達、青山瑠璃に頼り切って生きてきた。

離れていた父との再会をきっかけに、あえて友達がひとりもいない県立高校への進学を決意。

 

しかし志音の父はその後、過労が原因で急死する。

父の遺品の中からドラムと「志音、大志を抱け」と書かれた日記を見つけた志音は

ひとりドラムの練習を始める。

SponsoredLink

 

 

「学校に行きたくないな」と思った時は、「ヒトリコ」を読んでほしいと語っている。

青春時代に感じていた事が、今考えたらなんでもない事なのに、その当時は

真剣に一筋に考えてしまう所がある。

 

若さって純粋なので、真剣に一筋に考え込むことがあるのです。

人年とれば、世間がある程度わかってくるので、考え方が変わるものなんでしょうね?

 

 『ヒトリコ』一部作品の紹介

深作日都子は小学校5年時、教師から金魚を殺した濡れ衣を着せられ

熾烈ないじめの対象となった。

 

その時から日都子は、誰にも心を閉ざし、「みんな」に加わらない「ヒトリコ」として

生きていく決心をする。

 

田舎の小学校の生徒たちは、そのまま中学校へ持ちあがる。

ヒトリコの心の支えは、ピアノとピアノを教えてくれる偏屈なキューばあちゃんだけ。

 

合唱の盛んな中学では生徒の間にカースト制度が生まれ、激しいいじめや陰口が横行する。

「みんな」に属している限り生徒間の闇は続く・・・

こちらもよく読まれています