【南天】育て方と剪定!

出典:
www.google.co.jp

 

【南天】

実が赤くつきお正月には、縁起の良いものとして

生け花として欠かすことができません。

門松にも多く南天が使われています。

「なんてん」は「難を転じる」につながることで、魔除

の庭木として親しまれています。

【南天】の葉には、「解毒作用」があって、赤飯、焼魚の上に飾りとして使われるように

なったそうです。

 

スポンサードリンク

 

【南天】の育て方!

【南天】は、漢方薬として乾燥した実を南天実として

咳止め剤(鎮痛剤)として使われています。

 

和名 : 南天(なんてん)

その他の呼び名は、ナルテン(成天)

科名/メキ科 : 属名/ナンテン属

 

「なんてん」は「難を転じる」につながることで、魔除、縁起木、厄よけの庭木として

親しまれています。

6月から7月にかけて白い花を咲かせます。

 

  •  日当たり・水やり

半日陰の場所でも良く育ち、日陰でもよく生長しますが

花付、実の付き方が極端に少なくなります。

 

地植えの場合はほとんど水やりの必要はありません。

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。

 

  • 肥料

肥料は油粕、鶏糞を2月頃に与えます。

9月頃には、株元に化成肥料を与えましょう。

 

肥料もあげすぎず適度に与えた方が、実の付がよくなります。

実付きが悪くなる原因には、長雨、日照不足なども考えられます。

SponsoredLink

 

  • 植えつけ・植え替え

元々は暖かい地域の植物になるので植え付けは

春以降の暖かい時期に堆肥を混ぜ込んだ土に植え付けて行きます。(4月、9月)

 

鉢植えの場合は、2年を目途に1周り大きな鉢に植えかえ

根つまりを防止しましょう。

 

  • ふやし方

挿し木、種蒔きでふやすことができます。

挿し木の時期は、3月中旬から下旬で前年の枝を15cm位の長さに

切って赤玉土、鹿沼土に挿していきます。

 

日当たりの良い場所で、表面が乾かないように水やりして管理しましょう。

だいたい2から3カ月で根が出始めます。

 

種蒔きは、熟した果実を取り果肉を取り除き種だけにします。

発芽は、翌春で開花するまでに4から5年くらいかかります。

 

  • 剪定

木が若い内は剪定は必要ありません。

大きくしたくない場合は、剪定が必要になってきます。

横から飛び出したじゃまな木は、手で軽く折って取り除くことができます。

 

園芸分類 : 庭木、花木

形態 : 低木

草丈 : 2から3m

観賞時期 : 11月から2月まで赤い実を楽しむことができる。

耐寒性 : 強い

耐暑性 : 強い

開花時期 : 6月から7月

 

わが家も植えていますが、ほとんど手がかかりません。

時折、じゃまになった木は手で折っています。

 

大変丈夫な木になりますので、枯れることはほとんどといってないでしょう。

一旦根付くと、なかなか根が張って抜くことが困難になる木ですから

植えつけするときは、場所を考えて植え付けしましょう。

 

お正月には、必ず南天を生け花として活用できるので便利です。

冬の花が少ない時期に、赤い実が付くのもうれしいですね。

 

こちらもよく読まれています