【7草粥】の作り方!由来や意味は?

出典:
http://www.irasutoya.com/

 

【7草粥】

食べる日にちは、1月7日「人日(じんじつ)の節句」の朝に食べられる

日本の行事食になっています。

3月3日、5月5日と並ぶ五節句の一つです。

春の七草、餅などを入れたお粥で一年の無病息災を

願って食べられています。

お正月に食べ過ぎた、胃を休める為とも言われている。

 

 

スポンサードリンク

 

【7草粥】は1月7日の朝!

お正月の祝膳、祝酒で弱っている胃を休めるために7草粥を食べる。

1月7日の朝に【7草粥】で、今年一年無病息災で過ごす願いを込めて

食べます。

 

この七草粥を食べる行事は、平安時代から行われて、室町時代の汁物が原型と言われているそうです。

SponsoredLink

七草は、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロなどを

しゃもじやお玉じゃくし、包丁の背で叩いて細かくしてお粥を作っていきます。

 

最近は、お店で「七草粥」のセット品が売っていますので簡単に【7草粥】を作って食べることができます。

 

山形県などは、ゴボウ、人参、コンニャク、ずいき、油揚げなど入れた納豆汁で

七草汁を朝食べる所もあるそうです。

 

七草が手に入らない地域では、青菜や大根の葉、油揚げなど大豆製品も含め「7種」そろえて

作るなど、九州南部などは鶏肉を加えるところもあるそうです。

 

調理法も白粥でなく、鰹節で出汁をとって醤油か味噌で味付けして雑炊にして

食べる地方などもあるそうです。

全国各地いろいろな「七草粥」を楽しむようなので、これが正しいと言うことはないようですね。

 

明日の朝は、七草粥で一年の無病息災を願って食べます。

消化のいい食べ物(お粥)で、弱った胃をいたわって一年を無病息災で過ごしていきましょう。

 

 

こちらもよく読まれています