【長野】軽井沢

1月15日午前2時頃、長野県軽井沢町の国道18号で

バスが道路から崖に転落!

バスの乗客からの通報で、警察、消防がかけつけるが

バスの乗客11人が心肺停止、3人の方が死亡されている。

 

 

スポンサードリンク

 

【長野】軽井沢でスキーバス転落事故!

1月15日午前2時頃、長野県軽井沢町の国道18号で

バスが道路から崖に転落!

 

この日の長野の気温はマイナス4.3度、雪も降ってなく凍結なども

確認されていない。

 

バスの乗客には、19歳から20代と若い方が乗っていたそうです。

バスには乗員、乗客39人の方が乗っていて、怪我をして28人の方が病院に搬送され手当をうけています。

死亡者が3人、心肺停止の方が11人の大惨事になっています。

 

その後の報道で、心肺停止だった男性9人、女性5人の死亡が確認され

SponsoredLink

運転手の65歳と57歳の二人と、若い乗客の方々の尊い命が失われています。

 

現在、転落事故の原因は分かっていないそうですが、なぜ届け出ていない道を

通っていたのでしょうか?

大変疑問になっている情報です。

 

現場は上り2車線、下り1車線で長野県と群馬県の県境付近の国道で

JR軽井沢駅から南東に2.5キロほど離れている場所です。

 

事故を起こしたバスは下り車線を走行していて、なぜセンターラインを越え反対車線の

ガードレールを突き破り崖に転落したのでしょうか?

 

バスは左側側面の上部が大きくへこんで、ガラス窓も壊れた状態で

木に引っかかるようにくの字に曲がった状態で、事故の凄まじさが見受けられます。

 

楽しいはずのバスツアーが大変な惨事になり

事故の解明が待たれています。

 

こちらもよく読まれています