【ナデシコ】の育て方!切り戻しの時期は?【ナデシコ】

世界の広い範囲に300種類が分布している。

小さな可愛い花を、毎年さかせる多年草が多くありますが

花後に枯れる一年草もあります。

耐寒性もありとっても強い花になります。

今年も沢山の花をつけてくれました。

 

 

 

スポンサードリンク

 

【ナデシコ】の育て方!

元々は、砂地やまれに湖などに生育する多年草です。

その為、岩の間を好む植物でも知られています。

 

石の間に植え付けていくと良く育ちます。

わが家も石の間に植え付けています。

 

「ナデシコ」は、秋の七草の一つになり

非常に強く、耐寒性にも十分にあります。

 

水やりと肥料を欠かさなければ、植えっぱなしでも

大丈夫ですが、花が枯れたらタネができない内に摘み取ることが

次に咲く花に、とっても重要になってきます。

 

摘み取ることで長い間楽しむことができます。

葉が黄色くなり枯れたら取り除きます。

 

  •  『植えつけ』

日光が良く当たる場所に植え付けると、花が良く咲きます。

寒さにもとっても強く、育てやすい丈夫な花になります。

 

  • 『水やり』

日の良く当たる場所に植え、水やりはやりすぎない方が

良いです。乾燥ぎみを好む植物になります。

 

  • 『肥料』

月に2回程度、液体肥料を与えます。

四季咲きは、年間を通して肥料を与えていきます。

 

  • 『ふやし方』

挿し芽でふやしていきます。

4月~6月頃か、9月~10月頃に花芽のついていない

新しい芽を切り取って挿していきます。

 

株分けでもふやすことができます。

根を傷つけないように、株分けして植えつけます。

 

  • 『切り戻し』

秋の終りと、春の花が咲き終わったら株元10cm

位の長さで切っていきます。

伸びてきた新芽に花が咲きます。

 

ナデシコの動画

SponsoredLink

ご覧ください

 

    • 科名 : ナデシコ科
    • 形態 : 多年草
    • 開花時期 : 4~10月
    • 植えつけ・植え替え : 4~50月 9~10月
    • 花の色 : 赤、ピンク、白、黄、黒
    • 耐寒性 : 強い
    • 耐暑性 : 強い(品種により異なる。古い株ほど弱い)

 

 

 

こちらもあわせて読みたい

 

こちらもよく読まれています