【モントブレチア】育て方!夏から秋にかけて咲く花

出典:
www.google.co.jp

【モントブレチア】

春に球根を植え付けると、夏から秋にかけて花が

咲いてくれます。

小さな可愛いオレンジ色の花が、左右交互に咲いて行きます。

葉は剣型で直立しています。

草丈も40cm以上ある為、切り花としても重宝します。

手入れもほとんどなく、初心者向けの花になります。

 

スポンサードリンク

 

【モントブレチア】の育て方!

球根の植え付けは、3~4月下旬になり

7~9月にかけて次つぎに小さな花が

左右交互に咲く可愛い花になっています。

 

手間のかからないやさしい園芸になります。

花が枯れたら花茎を切り取っていきます。

 

 『植えつけ場所』

日当たりの良い場所が適していますが

SponsoredLink

木陰でも少し日が当たれば大丈夫です。

 

寒さには強く寒い場所に植えていますが、元気に咲いてくれています。

秋になると、葉が黄色くなって枯れてきます。

 

地植えの場合は、球根が増えて混み合ってきたら堀りあげて分けていきます。

繁殖力が旺盛なので、間隔を30cm位開けて植え付けしていきます。

 

 『ふやし方』

葉が枯れてきたら、球根を掘り上げ分けて植えていきます。

 

  • 科名・分類 : アヤメ科、春植え球根、南アフリカ原産
  • 草丈 : 40~120cm 
  • 開花時期 : 7~9月
  • 花色 : オレンジ、赤、黄、複色

 

病害虫もほとんどなく、肥料も年に1~2回程度緩効性肥料を与えていきます。

各地で野生化しているため、佐賀県では県条例によって

栽培が禁止されているそうです。

 

こちらもあわせて読みたい

 

こちらもよく読まれています