【木蓮(モクレン)】育て方!剪定・挿し木の時期?

出典:
www.google.co.jp

  【木蓮(モクレン)】

春に花と葉っぱを、同時に芽吹かせる樹木です。

花の色も白、紅紫などで渡来は中国からといわれ日本で

育てられた歴史も、平安時代からと随分長く

庭木として親しまれている人気の花木になります。

樹高はあまりなく、横に枝が張るため

植える場所の確保が必要になってきます。

 

スポンサードリンク

 

【木蓮(モクレン)】の育て方!

春になると紫、白など拳大の花と葉っぱをいっしょに観賞できる樹木になります。

木の高さはあまり高くなりませんが、横に枝が張る性質をもっているため

植える場所の確保が必要になります。

【木蓮(モクレン)】は、平安時代から親しまれる

歴史も長く育てやすい、庭木として人気があります。

 

【木蓮(モクレン)】は、根が少ないため

生長した後の植え替えは適しています。

 

日当たりの良い場所で、水はけのよい土壌が適しています。

生育は旺盛でよく花を咲かせますが、鉢植えにはあまり適していません。

 

   「植えつけ・ふやし方」

種蒔きは9月~10月になります。

熟した果実から採取する方法になります。

果皮と果肉を、綺麗に水洗いして取り除きます。

春に発芽し、本葉が3~4枚になったら1本ずつ鉢上げします。

 

 「モクレンの苗木の植え付け」

12~3月が苗木の植え付けに適しています。

鉢植えの場合は少し大きめの7~10号鉢に

鉢底に石を1/4程いれ苗を植え付けていきます。

 

地植えの場合は、日当たりと水はけの良い土壌に

土を耕し植穴を掘って植えつけ(縦横50cmくらいの穴)

植えつけ後、苗を安定させるため支柱をたてて水をタップリあたえ

根と土をなじませます。

SponsoredLink

鉢植え・地植えとも苗の根は崩さず、深上にしないこと。

 

 「剪定」

11~2月に混み合っている枝、重なっている枝

伸びすぎて長くなった枝を付け根から切り取っていきます。

 

剪定しなくても、樹形は大きく変わって困ることはないのですが

大きく育てたくない時は剪定が必要になります。

2月以降は、新芽が付くため切り落とすと次の花付が悪くなります。

 

  「挿し木」

挿し木でも育てることができます。

花後に伸びた枝を10~15cm切取り先端の葉っぱを

3~4枚残し切り取ります。

切り口を斜めに切って、みずあげする為水に浸します。

挿し木用の土に枝を挿します。

水をタップリ与え、日陰に置きます。

土が乾かないように管理し、根が育って植え替えます。

 

「モクレン」の苗購入できます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

モクレン 苗木 アレキサンドリア 苗木 0.9〜1m
価格:3024円(税込、送料別) (2017/4/11時点)

 

こちらもよく読まれています