マーガレットの育て方

出典:
www.google.co.jp

【マーガレット】の花は、草丈60cmから1mで

切り花にもなります。初心者でも簡単に咲かせることが

出来る花です。

野生種は、白色か、黄色の一重咲きです。

昔から親しまれ愛されている素朴な【マーガレット】の花の

育て方、ふやし方を調べて見ました。

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

【マーガレット】の育て方は!

  • 『日常の手入れ』

草丈の長い【マーガレット】の花です。

長く伸びてくると倒れやすくなるので、支柱をたてるか、株元に土をもって

倒れないようにしましょう。

 

草丈が15cm位になった所で、新芽を摘み取ってわき目を、出させるようにしましょう。

花数を多く付けるのを助ける為です。

 

年数をかさねた、古株は9月頃に草丈の、半分位のところで刈り込みましょう。

晩秋になる前に刈り込むことをしましょう。翌年の開花が遅れるので、9月いっぱい

までには切り込みの作業を終えましょう。

 

  • 『日当たり・置き場所』

1年中日当たりの良い場所で育てましょう。

高温多湿に弱く、寒冷地でも霜にあたると枯れてしまいます。

 

鉢植えなどで簡単に移動できるように育てた方が

好ましいでしょう。

 

真夏でも、涼しい場所でしたら花付も良いでしょう。

土壌が合えば結構強い花なので、簡単に育てることが出来ます。

 

  • 『ふやし方』

挿し木が一般的です。

挿し木にする場合は、5月か9月がもっとも挿し木が付きやすいです。

 

芽の先端を約10cm位で切って、下の葉っぱを取り除き

SponsoredLink

葉っぱの枚数も3~4枚位にしておきます。

 

その後、水につけて水揚げします。2~3時間位たったものを

湿った挿し木用の砂に挿していきます。(栄養のない土を選びましょう。)

 

水分は、表土が乾かないうちにタイミングをみて優しく、柔らかい

水やりを心がけましょう。

 

挿し木では、直ぐには芽が出ていないので万全の注意をして

樹木が動かないようにしましょう。

 

  • 『水やり、肥料』

土の表面が乾いたら水を与えていきます。

乾燥気味の土壌を好むので、与えすぎないようにしましょう。

 

水を少し控えた方が、育ちやすいでしょう。

冬場は、特に水やりは控えめにしましょう。

 

肥料は、開花の時期に液体肥料を与えましょう。

やり過ぎには十分に注意して、少なめでも十分に育ちます。

 

  • 『用土』

鉢植えの場合は、赤玉土5・腐葉土3・川砂2の混ぜた土が良いでしょう。

水はけの良い土が好ましいです。

 

  • 『植え替え・植え付け』

地植えにしているものは、2~3年に一回は植え替えて行きます。

鉢植えの場合は、1年に一回は、一回り大きな鉢に植え替えます。

鉢を大きくしたくない場合は、株を半分にして植え替ます。

 

  • 『病虫害』

アブラムシが発生するとツボミが、開かなくなります。

 

  • 形態 : 低木
  • 草丈 : 30~100cm
  • 花色 : 白、ピンク、赤、黄、薄い橙
  • 耐寒性 : 弱い
  • 耐熱性 : 弱い
  • 特性、用途 : 常緑性、開花時期長い、香有り
  • 開花時 : 11~5月

 

こちらもあわせて読みたい

 

こちらもよく読まれています