イルカ大量に浜に打ち上げられる

出典:
www.google.co.jp


 

【イルカ】

茨城県鉾田市上沢の海岸に150頭以上が打ち上げられて

いる。

4月10日早朝鉾田市の海岸で「イルカが打ち上げられてい

る」「まだ生きているので助けてほしい」

と通報が相次いで、警察官が駆けつける大騒ぎになったい

る。

海域に異変?異常現象です。(この写真は、今回の鉾田市

の海岸の写真ではありません。)

 

 

スポンサードリンク

 

【イルカ】が150頭以上浜に打ち上げられている。

イルカ150頭以上が、10km以上にわたって浜に打ち上げられている。

大洗水族館の関係者によると、「写真を見る限りでは、カズハゴンドウと言う

大変珍しい種類らしい」と見ている。

 

イルカは、哺乳類です。

頭頂部に呼吸の為の独立した噴気孔を持っている。そこから

肺呼吸をしている。

 

地元住民の話では、今までに一度もこんなことはなく、初めての事だそうです。

水族館では、職員5人を派遣して、元気なイルカは海に帰すなど、救助している。

4月10日の午前6時15分頃に「イルカが、150頭以上浜に打ち上げられている。

 

「何とか助けてほしい」「生きているので、救助してほしい」など相次いで通報があった。

SponsoredLink

警察、水族館や海上保安部の関係者によりますと、浜に数キロに及ぶイルカが浜に打ち上げられている。

 

今から4年前に、20km離れた柏市で52頭のイルカが打ち上げられている。

 

3つの原因が、考えられるそうです。

  • 磁器の強さで泳ぐので、ルート上に浅瀬があると、打ちあがる事があるそうです。
  • 寄生虫の可能性もあるそうです。
  •  エサを追っていて浅瀬に入った可能性もあるそうです。

 

平成11年に、2頭のイルカが打ちあがった時は、耳に寄生虫がついていたそうです。

耳に、寄生虫が付くと方向感覚がなくなって、浅瀬に近づいて打ちあがる事があるそうです。

 

更にイルカは、増える可能性があると言われています。

鉾田市では、対策本部を設置して対応する方針です。

15年に3件も、このような現象があったそうです。

 

 

今回 イルカ150頭以上が、浜に打ち上げられていた事で

地震の前兆では、ないかと疑問視されています。

以前もこのような後に、地震があったことが疑問視されています。

 

地震が起きないことが望ましいのですが、一応地震への対策も

少しは考えていた方がいいかもしれませんね。

この最近は、大地震の特集も多くなっているので、心配です。

地震が来ないに越したことはないのですが、一応準備をした方がいいのですかね。

 

100頭以上は命を救う事が出来なかったそうです。

死んでしまったイルカは、全て砂浜に埋められたそうです。

原因は未だに不明のままです。

 

 

こちらもよく読まれています