【金魚草】

【金魚草】育て方!切り戻しは?

赤、ピンク、白、黄色、橙、複色など沢山の花色があり

品種改良されています。

花びらが金魚の口に似ていることから「金魚草」の名前が

付いたそうです。

「金魚草」は一年草扱いになっていますが、花壇、鉢植え、切り花

で楽しむことができる、育てやすい人気のある花になっています。

育て方、切り戻し方法を調べてみました。

 

 

スポンサードリンク

 

  【金魚草】の育て方!

赤、ピンク、黄の「金魚草」を庭に植えてみました。

「金魚草」はオオバコ科、キンギョソウ属の植物で

南ヨーロッパと北アフリカの地中海沿岸部を産地としています。

一般的には秋まき9月~10月に撒く一年草ですが、寒冷地では春撒きにするとよいそうです。

 

育てるポイントは、日当たり、水はけの良い土壌で

夏場は半日陰か明るい日陰が適しているそうです。

 

  「水やり」

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたらタップリ与えていきますが

水が花にかかると枯れる事があり、水がかからないように根元にそっと与えていきます。

地植えの場合は必要ないそうです。

 

 「剪定・切り戻し」

「金魚草」は、開花の時期が長い為

株事態が、混み合ったら切り戻していくことで

枝分かれして、花の数も多くなり株もしっかりしてきます。

 

  • 科名 : ゴマノハグサ科
  • 属名 : キンギョソウ属
  • 別名 : スナップドラゴン
  • 原産地 : 南ヨーロッパ 北アフリカ
  • 開花時期 : 3月~6月 9月~10月

花の時期も長く次々花を咲かせますが、沢山の花を咲かせるためには

花がら摘みがもっとも必要になってきます。

「金魚草」は、本来は多年草になりますが、夏の暑さ、湿気は苦手になっていますが

SponsoredLink

冬の寒さには比較的大丈夫みたいです。

 

1年草扱いになっている「金魚草」ですが、梅雨に入ったら株を

切り戻し蒸れないように管理していきます。

 

去年に鉢植えにしていた「金魚草」を地植えにすると、元気よく

大きくなっています。

 

 「金魚草」の苗購入可能です。
 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キンギョソウ苗(金魚草)10個
価格:1350円(税込、送料別) (2018/5/14時点)

 

 

こちらもよく読まれています