【金木犀】(キンモクセイ)の楽しみかた!香水の作り方?

出典:
www.google.co.jp

 

【キンモクセイ】

風に乗ってほのかにやさしく漂ってくる香!

お彼岸の頃から庭の【キンモクセイ】が咲いて、やさしい香りで癒さ

れます。

【キンモクセイ】の香りが大好きな人も数多くいますね。

9月の下旬から10月中旬まで楽しむことができます。

 

 

スポンサードリンク

 

【金木犀】の楽しみ方は!

9月下旬から10月中旬まで優しい香りで、楽しむことができます。

切り花にして玄関に飾ってもいいです、トイレに飾ると消臭の役目をしてくれます。

 

  【金木犀(キンモクセイ)】の『香水』の作り方!

香が強いキンモクセイを、使って香水を作ることができます。

 (必要な材料)

  1. 金木犀の花
  2. 無水エタノール
  3. ガラス瓶(できれば褐色の色)

 

  「作り方」 

  • 金木犀の花を摘んで、付いているゴミ、茎を取る。
  • 花を瓶いっぱいになるように、入れていきます。
  • 瓶の中に無水エタノールを入れます。(手に液が付かないように気を付ける)
  • 蓋を閉めて、暗い場所に2カ月以上保管して置きます。(瓶が透きとおっているときは

    アルミホイルなどを巻いて光をさえぎって保管します)

 

この要領で作っていけば、金木犀のフレグランスの出来上がりです。

SponsoredLink

 

白い花が咲く銀木犀もあります。【金木犀】(キンモクセイ)の楽しみかた!香水の作り方?

黄色のキンモクセイに比べると、少し控えめな感じです。

匂いでキンモクセイなんだと分かる感じですね。

 

   【金木犀】のふやし方!

【金木犀】は挿し木で簡単に増やすことができます。

 

6月から7月の梅雨の時期に新芽を10から15cmの長さに切って

切り口を水につけて、水揚を充分にして起きます。

 

水はけのよい土に挿して、土の表面が乾かないように

水やりに気をつけます。

 

根が張って植えつける場所は、日当たりの良い場所を選び植えつけていきます。

日照不足になると、花芽が落ちて花が咲かなくなってしまいます。

 

今年伸びた枝に花芽をつけるので、切りすぎには注意する必要があります。

 

  【キンモクセイ】花後の管理!

冬にリン酸、カリの肥料を与えます。

鉢植えの場合には、肥料を与える回数をふやし春や夏にも

施肥していきます。

 

枝の剪定を怠ると、上に伸びる性質があるので気をつけましょう。

木を大きくしたくない場合は、剪定は大事な作業になります。

 

数年(3~4年)に一度は枝を切り戻して、樹形を整えたほうが良いです。

剪定は、2~3月(花芽のつく枝が出てくる前)に行うと花芽のつく枝を落とすことがありません。

 

こちらもあわせて読みたい

こちらもよく読まれています